2013年度
出前授業「地震と防災」

綾部市立吉美小学校の3年生の親子レクリエーションとして、建設システム工学科の玉田教授、加登准教授と学生2名(井尻君(5C)、吉田さん(5C))による地震と防災について学ぶ出前授業を実施しました。 建物の揺れ方を学ぶ模型を工作したり、津波や液状化を再現する装置を操作したりして、地震が起こった時の現象について親子で学びました。
 また、防災について日ごろから備えておくことが大事であることや、自分の身は自分で守る「自助」、地域のみんなで助け合う「共助」が重要であるということをお話ししました。 みなさん真剣に話を聞いてくださり、とても充実した出前授業となりました。