2013年度
公開講座「ものつくりを体験しよう!」

建設システム工学科の公開講座を5月18日(土)にらぽーるのセントラルコートにて実施しました。 内容は、ランプシェードや多面体の地球儀、新幹線の0系などの鉄道模型のペーパークラフトとセメントを使用したペーパーウェイトを作ってもらいました。 また、津波と波浪の違いが分かる装置や液状化現象を再現する装置を展示し、実際に操作してもらいました。 幼稚園児から中学生まで幅広い子供たちとその保護者で大変賑わいました。 上手にはさみやカッターを使ってペーパークラフト作りに熱中する子供につられて,保護者もものつくりにチャレンジする姿も見られました。 ペーパーウェイト作りでは、個性あふれる作品が多数でき、子供たちの発想の豊かさに驚かされました。 津波と波浪の違いが分かる装置や液状化現象を再現する装置では、実際に操作をしてみて現象を目の当たりにすることにより、その理由についての説明がより理解しやすくなったようです。 なお、プレ・オープンキャンパスの宣伝のためパンフレットの配布も実施することができました。

ランプシェード
多面体模型・鉄道模型
ペーパーウェイト
液状化装置
津波発生装置
全体の様子
ポスター