和田山八鹿道路大屋川橋 現場見学会

建設システム工学科の都市環境コースの学生を対象として橋梁架設現場の見学会を実施しました。見学会では,現場事務所にて工事概要の説明を受けた後,現場にて高力ボルトの締め付け体験および鋼桁上の現場見学を実施しました。
 今回の現場はアーチ部材と補剛桁の間に斜めにケーブルを配置した特殊な形式(ニールセンローゼ桁橋)の現場であり,ケーブルの張力調整作業や鋼・コンクリート合成床版などを見ることができました。また,アーチリブに取り付けた融雪対策装置の説明など,現場代理人や設計担当者の方からは懇切丁寧な説明を受け,それに対し学生から質疑が活発に行われるなど,充実した見学会となりました。

工事概要の説明高力ボルトの締め付け
現場での説明集合写真