「商店街の家」報告会を行いました。

本校学生が地域の課題に対して取り組んできた、舞鶴東地区商店街の空き店舗、空き地等の活用に関する提案の報告会を行いました。報告会は舞鶴高専サテライトラボ「よろず」を会場に行われました。提案は、「商店街の家」。発表学生は舞鶴高専建設システム工学科建築コース4年17名、5年1名、 舞鶴高専専攻科 建設・生産システム工学専攻2年2名。
「商店街の家」報告会では、以下の3つの報告をおこないました。
1.舞鶴高専 建設システム工学科 建築コース 4年、授業(演習)での取り組み「商店街の家」です。商店街の問題点である、空き店舗、空き地の有効活用として、戸建て住宅を提案しています。まちなか居住、商店街に住む形を提案しました。
2.舞鶴高専専攻科 建設・生産システム工学専攻2年、授業(演習)での取り組み。高齢化社会に対応した商店街に住む形として高齢者対応型集合住宅を提案しました。
3.尾上研究室、「特別研究」の取り組み。舞鶴市東地区の商店街(八島、三条、大門、七条)の空き店舗、空き地に関する調査について報告を行いました。
報告会には市民、商店街関係者、舞鶴市役所職員、等多くの方々が参加し活発な意見交換が行われました。