発表論文一覧

1. 著 作

1. 四蔵茂雄(共著)(2002): 都市環境マネジメントの現状カトマンズ市の廃棄物管理を例に―, 現代南アジア第4巻「環境と開発」第6章第2, 142-148, 東京大学出版会.

2. R.JINDAL, H.HARADA, and S.SHIKURA(1997): Solid Waste Management in Some Asian Countries, Environmental Systems Review, ENSIC, AIT, No. 42/43.


2.  学術論文  (アンダーラインは審査付き論文)

1. 四蔵茂雄(2013ネパール製造業におけるエネルギー消費の要因分析,土木学会環境システム研究論文集G(環境),Vol.69, No.6, II_199-204.

2. 四蔵茂雄,原田秀樹(2012: パール製造業のエネルギー分析,環境科学会誌,Vol.25N0.11-14 

3. 四蔵茂雄(2005)途上国型伝統的物質循環システムの評価 カンボジア国・プノンペン市の事例環境共生(日本環境共生学会), Vol.10, 36-44.

4. 四蔵茂雄原田秀樹(2004)代替エネルギー源としてのバイオガスプラント ネパール国の現状と経済評価環境科学会誌, 17(5), 359-369. 

5. S.K.KARN, H.HARADA, and S.SHIKURA (2003): Living Environment and Health of Urban Poor A Study in Mumbai, Economic and Political Weekly, August 23, 3575-3586.

6. 四蔵茂雄原田秀樹(2003): 途上国型物質循環システムの評価 カンボジア国・プノンペン市の事例日本環境共生学会2003年度学術大会発表論文集,  31-36.

7. 四蔵茂雄原田秀樹(2002)カトマンズの水問題 公平な分配と価格付けの政策課題土木学会環境システム研究, Vol.30, 29-36.

8. 四蔵茂雄原田秀樹(2001)発展途上国・低所得地区住民の廃棄物に対する認識と処理行動-インド国ムンバイ市を事例として-土木学会論文集, No.692/VII-21, 31-40.                             同上討議土木学会論文集, No.741/VII-28, 177-181, 2003.

9. 四蔵茂雄(2001): 都市環境のマネジメント廃棄物管理を例に季刊南アジア(南アジア世界の構造変動とネットワーク), Vol.3, No.2,  99-102.

10. 四蔵茂雄原田秀樹(2000): 21世紀のネパールのエネルギーと環境環境科学会誌, Vol.13, No.4, 503-511.

11. 四蔵茂雄原田秀樹(2000): 再生可能エネルギーから見た世界のエネルギー供給特性-比較分析による我が国の現状評価-土木学会環境システム研究論文発表会講演集, Vol.28, 455-460.

12. 四蔵茂雄原田秀樹(2000): デンマークのバイオガスプラントの現況都市と廃棄物環境産業新聞社, Vol.30, No.1, 23-30.

13. 四蔵茂雄原田秀樹(1999)ネパール・カトマンズ市における都市ごみ管理の現状と課題土木学会環境システム研究, Vol.27,  375-385.

14. 四蔵茂雄原田秀樹(1999): 都市廃棄物の嫌気性消化-現状と課題-廃棄物学会誌, Vol.10, No.3, 241-250.

15. 四蔵茂雄原田秀樹(1998)インドにおける都市ごみ管理の現状と課題土木学会環境システム研究, Vol.26, 85-93.

16. 四蔵茂雄原田秀樹(1997)アジア開発途上国の都市廃棄物管理における技術オプション-嫌気性消化技術の可能性について- 土木学会環境システム研究, Vol.25, 229-238.

17. 原田秀樹荒木信夫四蔵茂雄桃井清至(1985)多段槽型上昇流スラッジベッド反応器による高効率脱窒素プロセスの処理特性土木学会衛生工学研究論文集, Vol.21, 153-162.


3. 学会等発表

1. 山口恵大四藏茂雄(2017):阿蘇海の水質特性-公共用水域水質測定結果の分析-

2. 蝶勢智明,四蔵茂雄(2010): 阿蘇海の底泥分布調査と溶出試験,平成22年度土木学会関西支部年次学術講演会,平成225月京都大学(優秀発表賞受賞).

3. 四蔵茂雄,原田秀樹(2009):ベトナム・ハノイ市の飲料水容器,環境科学会2009年会,平成219月北海道大学.

4. 四蔵茂雄(2008): カトマンズの食品容器について,環境経済政策学会2008年大会,平成209月大阪大学.

5. 四蔵茂雄(2006):海水浴場における散乱 ゴミの制御に関する研究,第17回廃棄物学会研究発表会講演論文集,8-1020-22 Nov.

6. S.SHIKURA(2006): Issue of Drinking Water in Kathmandu, Nepal and Impact of Relating Health Risk, The 6th International Symposium "Global Renaissance by Green Energy Revolution" (21Century COE Program of Nagaoka University of Technology).

7. S. SHIKURA(2005): An Application of the Translog Production Function to Energy Consumption in Residential Sector, The Second International Symposium On Green Energy Revolution (21Century COE Program of Nagaoka University of Technology).

8. S. SHIKURA and H.HARADA (2004): Valuation of Biogas Plant in Nepal, The First International Symposium On Green Energy Revolution (21Century COE Program of Nagaoka University of Technology).

9. 四蔵茂雄原田秀樹(2003): ネパールのバイオガスプラントの経済評価環境科学会2003年会講演要旨集, 74-75.

10. 四蔵茂雄原田秀樹(2000): 発展途上国の都市ごみ管理概観-カトマンズの事例をまじえて-, Newsletter, 南アジア世界の構造変動とネットワーク第2班研究会, No.12, 14-16.

11. 四蔵茂雄原田秀樹(2000): ネパール・カトマンズの廃棄物リサイクル環境科学会2000年会講演要旨集, 94-95.

12. 四蔵茂雄原田秀樹(2000): 発展途上国の都市ごみ発生量に関する一考察11回廃棄物学会研究発表会, 24-26.

13. 四蔵茂雄原田秀樹(1999): ごみ管理の社会経済的背景-ネパールの事例-10回廃棄物学会研究発表会, 174-176.

14. 四蔵茂雄原田秀樹(1999): ネパールのバイオガスプラント環境科学会1999年会講演要旨集, 10-11.

15. 四蔵茂雄原田秀樹(1998): オランギタウンにおける住環境改善プロジェクト9回廃棄物学会研究発表会, 198-200.

16. 四蔵茂雄原田秀樹(1998): カラチ市の都市ごみ管理とリサイクルの現状環境科学会1998年会講演要旨集, 76-77.

17. 四蔵茂雄(1997): 舞鶴湾流域内河川の水質特性水環境学会第31回年会講演集, pp69.

18. 四蔵茂雄(1996): 舞鶴湾流域の流域特性環境科学会1996年会講演要旨集, 146-147.

19. 四蔵茂雄森田義則佐藤信和(1993): 活性汚泥循環変法による汚泥処理返流水の処理(その2)30回下水道研究発表会, 456-458.

20. 四蔵茂雄平本重夫坂本俊彦(1993): 汚泥処理系分離液の循環法による処理(その215回横浜市下水道研究発表会.

21. 四蔵茂雄坂本俊彦(1990): 汚泥処理系分離液の循環法による処理27回下水道研究発表会.

22. 四蔵茂雄桃井清至原田秀樹(1984): 上向流スラッジベッド型反応器における生物グラニュール形成機構土木学会第35回年次講演会概要集, 813-814.


4. 舞鶴高専紀要

1. 四藏茂雄(2017): 屋久島のオーバーユース問題に対する入島料の効果-屋久島の環境価値と山岳協力金-

2. 四藏茂雄(2017): 地球温暖化防止の国際交渉-パリ協定と我が国の課題-

3. 四蔵茂雄,原田秀樹(2009):カトマンズの食品容器について,40-44.

4. S.SHIKURA(2005): Anaerobic Digestion Technology on Municipal Solid Waste  State of the Art, 90-98.

5. S.SHIKURA and H.HARADA (2004): Challenge of Solid Waste Management in Developing Countries What Should We Learn From Experience in Kathmandu, Nepal?, 82-92.

6. S.SHIKURA and H.HARADA (2001): Technical Option on Solid Waste Management in Asian Countries  Viability of  Anaerobic Digestion Technology - , 34-42.

7. 四蔵茂雄原田秀樹遠藤銀郎南清司(2000): リニューワブルエネルギーに関する調査報告-デンマークとスウェーデンの現状-, 31-37.

8. 四蔵茂雄原田秀樹(1999): Present State of the MSW Management in Denmark, 31-35.

9. 四蔵茂雄(1996): 舞鶴湾流域内河川の水質特性, 99-106.

10. S.SHIKURA (1995): Analysis of characteristics and structure on pollutant load of Maizuru bay drainage basin, 36-41.