著 書 ・ 論 文 等 一 覧

整理番号
発表年月日
発 表 課 題 名
発表学会誌名等
単著・共著
 
 
1985年
( 論 文 )
半無限多層弾性体の内部加振問題への伝達マトリックス法の応用
 
土木学会論文集, 第362号, pp.363〜369
 
共著(北村・桜井)
1986年3月多段式支圧型アースアンカーの動的挙動グランドアンカーの安全性に関するシンポジウム発表論文集, 土質工学会, pp.1〜6共著(北村・桜井)
1986年12月斜杭を有する群杭の杭頭インピーダンスについて第7回日本地震工学シンポジウム講演論文集,pp.1003〜1008共著(北村・桜井)
1988年12月地中ライフラインの震後復旧支援システム第8回設計における信頼性工学シンポジウム講演論文集,材料学会,pp.117〜122共著(高田・****・飯田)
1988年12月地下埋設通信設備の地震時信頼性評価法建設工学研究所報告(研究論文),第30号,pp.25〜47共著(高田・****・中野・服部・鈴木)
1989年4月半無限多孔質飽和弾性体内部の鉛直点加振力による変位解土木学会論文集, 第404号, pp.297〜303共著(北村)
1989年7月An Expert System to Aid Reーstoration Works against Seiーsmic Damaged Telecommunicaーtion Buried PipelinesProceedings of 1989 ASME Pressure Vessels and Piping Conference,Honolulu,Hawaii,pp.213〜218共著(高田・****・飯田)
1989年12月電気通信局外設備の震後復旧支援システム建設工学研究所報告(研究論文),第31号,pp.91〜118共著(高田・****・飯田・森岡)
1990年3月剛基盤を有する多孔質飽和弾性体上の円形基礎の動的鉛直コンプライアンス構造工学論文集, Vol.36A, pp.1〜7共著(北村)
10
1990年12月多孔質飽和弾性地盤におけるアースアンカーの動的挙動特性について第8回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.1209〜1214共著(北村)
11
1990年12月ライフラインネットワークの震後復旧支援システムについて第8回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.2151〜2156共著(高田・****・森岡)
12
1991年11月定常風を受ける係留船舶の振れ回りによるアンカー周辺地盤の応答海岸工学論文集,第38巻, pp.736〜740共著(前野・高山・平石)
13
1992年3月半無限多孔質飽和弾性体表面における剛円盤の鉛直複素剛性に関する一考察構造工学論文集, Vol.39, pp.653〜661共著(北村)
14
1992年6月定常係留力を受けるアンカー周辺地盤の周波数応答特性について海洋開発論文集,Vol.8,pp. 451〜456共著(前野・高山・平石)
15
 
1992年7月An Estimating Method of dicted Seismic Ground Motions and an Arrangement of Remote Monitoring Seismographs for Early Detection of Earthquake-DamagesProceedings of the 10thWorld Conference on Earthquake Engineering, pp.5569〜5574  共著(高田・福家・福井)
 
16
1992年11月船舶の振れ回りによる緊張係留アンカー周辺地盤の応答海岸工学論文集,第39巻, pp.846〜850共著(前野・平石・高山)
17
1993年6月Dynamic Response of Poro- elastic Seabed Around a Mooring AnchorProceedings of the Third International Offshore and Polar Engineering Conference, Vol.1, pp. 567〜572共著(前野・平石・高山)
18
1993年6月海底地盤特性を考慮した係留アンカーの応答特性に関する一考察海洋開発論文集,Vol.9,pp. 117〜122共著(前野・平石・高山)
19
1993年6月2点係留された船舶の係留アンカー周辺地盤の応答海洋開発論文集,Vol.9,pp. 123〜128共著(前野・****・平石・高山)
20
1993年11月浮体係留へのサクションアンカーの適用について海岸工学論文集,第40巻, pp.906〜910共著(前野・****・平石・高山)
21
1994年4月地震動モニタリングとライフラインのリアルタイム被害推定構造工学論文集,Vol.40A, pp.1139〜1149共著(高田・****・小川・福井)
22
1994年4月モニタリングシステムにおける地震動補間法と精度の検証構造工学論文集,Vol.40A, pp.1151〜1160共著(高田・****・小川・福井)
23
1994年4月Dynamic Response of a Moor- ing Anchor in Poroelastic Seabed due to Mooring ForceProceeding o f Fourth Internation-al Offshore and Polar Engineering Conference, Vol.1,pp.448-455共著(前野・平石・高山)
24
1994年6月サクションアンカー周辺地盤の応答特性海洋開発論文集,Vol.10, pp.207〜212共著(前野・平石・高山)
25
1994年6月海洋工事汚濁防止膜の係留アンカーに関する一考察海洋開発論文集,Vol.10, pp.325〜330共著(前野・****・西野・安井)
26
1994年11月浮体係留のため摩擦型アンカーの応答特性海岸工学論文集,第41巻, pp.966〜970共著(前野・平石・高山)
27
1994年12月溝の長さが振動遮断効果に及ぼす影響に関する一考察第9回日本地震工学シンポジウム論文集、Vol.2、pp.1255〜1260共著(浅井・北村)
28
1995年6月Dynamic Response of Suction Pile Anchor in Poroelastic Seabed due to Mooring ForceProceedings of Fifth International Offshore and Polar Engineering Con-ference, Vol.1,pp. 420-425.共著(前野・****・平石・高山)
29
1995年6月Dynamic Response of Friction Anchor with End Bearing Plate for Mooring System of Floating StructureProceedings of Fifth International Offshore and Polar Engineering Conference, Vol.1, pp.430〜435.共著(前野・平石・高山)
30
1995年6月汚濁防止膜の重力式係留アンカーの応答特性海洋開発論文集,Vol.11, pp.217〜222共著(前野・****・村川・川本)
31
1995年6月サクションの効果を用いたケーソン構造物の周波数応答特性海洋開発論文集,Vol.11, pp.375〜380共著(前野)
32
1995年6月摩擦型アンカー周辺地盤の応答特性 海洋開発論文集,Vol.11, pp.211〜216 共著(前野・平石・高山)
33
1995年11月サクションを考慮したケーソンの応答特性海岸工学論文集,第42巻, pp.816〜820共著(前野・****・高橋・下迫)
34
1995年11月汚濁防止膜の各種係留アンカーの実測張力による変位応答特性海岸工学論文集,第42巻, pp.971〜975共著(前野・****・西野・安井)
35
1996年5月Anchoring System of Silt Curtain against Tension due to Storm Wave and CurrentProceedings of 6th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.1, pp.162〜168共著(前野・****・森・篠原・川本)
36
1996年5月Dynamic Response of Caisson with Suction on Soft SeabedProceedings of 6th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.1, pp.536〜543共著(前野・高橋・下迫)
37
1996年6月サクションケーソン周辺地盤の応答特性海洋開発論文集、Vol.12、pp.219〜224共著(前野・高橋・下迫)
38
1997年5月Dynamic Response of Caisson with Suction and Its Foundation Due to WaveProceedings of 7th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.1, pp.861〜867共著(前野・高橋・下迫)
39
1997年6月先端拡底杭の沿岸域への適用に関する一考察海洋開発論文集、Vol.13、pp.399〜404共著(前野・高橋・下迫)
40
1997年6月潮位変動を受ける杭基礎の支持力特性について海洋開発論文集、Vol.13、pp.465〜470共著(前野)
41
1997年11月
 
Vibration Isolation using Hybrid Model with Underground Wall Barrier and Open TrenchComputer Methods and Advances in Geomechanics, Vol.3, pp.2251〜2256 共著(北村)
42
1998年5月Application of Pile with Expanding Base to Foundation of Caisson StructureProceedings of 8th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.1, pp.578〜584共著(前野・****・児玉・高橋・下迫)
43
1998年5月Mooring of Floating Structures by Expanded End Bearing PileProceedings of 8th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.1, pp.590〜597共著(前野・児玉)
44
1998年6月先端拡底杭基礎上のケーソン岸壁の地震時挙動に関する一考察海洋開発論文集、Vol.14、pp.71〜76共著(前野・児玉)
45
1998年11月先端拡底杭基礎上のケーソン防波堤の地震時応答について海岸工学論文集、第45巻、pp.866〜870共著(前野)
46
1999年5月Seismic Behavior of a Caisson Type Quay Wall on a Pile FoundationProceedings of 9th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.1, pp.652〜659共著(前野・児玉)
47
1999年5月Dymanic Response of a Caisson on Pile Foundation Due to Wave AttackProceedings of 9th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.1, pp.668〜676共著(前野・****・高橋・下迫)
48
1999年6月杭基礎上のケーソン岸壁の地震時応答に及ぼす杭長の影響について海洋開発論文集、Vol.15、pp.285〜290共著(前野)
49
1999年8月On Vibration Screening Effectiveness using Multi-Layered Wall Barrier with Horizontal Underground Wall BarrierProceedings of the 1st International Conference on Advances on Structural Engineering and Mechanics, Vol.3, pp.2251〜2256共著(北村)
50
2000年5月On Liquefaction Countermeasure in the Soil around a Caisson Type Quay Wall on Pile FoundationProceedings of 10th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.2, pp.582〜589共著(前野)
51
2000年6月杭基礎上のケーソン岸壁の液状化対策に関する一考察海洋開発論文集、Vol.16、pp.71〜76共著(前野)
52
2001年2月地中防振壁を介した地表面振動の伝達特性に関する検討地盤環境振動の評価・予測・対策に関するシンポジウム発表論文集、pp.91〜94共著(北村)
53
2002年8月Application of Vibration Controlling Force to Vibration Screening ProblemProceeding of The Second International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'02), CD-ROM T6C, 2002.単著
54
2003年5月Experimental Study of Pore Pressure Build Up Due to Horizontal Cyclic Loading of PipelineProceedings of 13th International Offshore and Polar Engineering Conference,Vol.2, pp.31〜37共著(Mark Randolph)
55
2003年7月繰り返し水平載荷を受けるパイプライン直下地盤内の間隙水圧応答について海洋開発シンポジウム論文集, Vo.19, pp.505〜510共著(Mark Randolph)
56
2004年7月繰り返し水平載荷を受けるパイプライン周辺地盤の間隙水圧応答について海洋開発シンポジウム論文集, Vo.20, pp.449〜454共著(小河 史枝)
57
2004年8月Pore Pressure Build Up Response Due to Horizontal Cyclic Loading of PipelineProceedings of the Third International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics, Seoul, CD-ROM, S6C共著(Fumie Ogawa)
58
2005年6月Pipeline-Seabed Interaction Analysis for Horizontal Cyclic Loading of PipelineProceedings of the 15th International Offshore and Polar Engineering Conference, Seoul, Vol.2, p.115-122.単著
59
2005年6月Pore Pressure Build Up Response Analysis for Horizontal Cyclic LoadingProceedings of the 11th International Conference of IACMAG, Turin, pp.353-360.単著
60
2005年6月繰り返し載荷を受けるパイプライン挙動と地盤特性の関係について海洋開発シンポジウム論文集、Vol.21、pp.957-962.単著
61
2005年9月Pipeline-Seabed Interaction Analysis Subjected to Horizontal Cyclic LoadingProceedings of International Symposium on Frontiers in Offshore Geomechanics, Perth, pp.629-635.単著
62
2005年9月Vibration Isolation of Gas/Water-Filled Cushion Wall BerrierProceedings of the 2nd International Symposium on Environmental Vibration-Prediction, Monitoring, Mitigation and Evaluation, Okayama, pp.453-459.共著(Yoshinori Kato)
63
2006年6月Numerical Simulation of Unburied Pipeline Stability under Horizontal Cyclic LoadingProceedings of the 16th International Offshore and Polar Engineering Conference, San Francisco, pp.76-85.単著
64
2006年7月暴風時における海底パイプラインの耐波安定性評価に関する一考察海洋開発シンポジウム論文集、Vol.22、pp.769-774.単著
65
2006年8月Unburied Offshore Pipeline-Seabed Interaction Analysis Subjected to Horizontal Cyclic LoadingProceedings of the 6th International Conference on Physical Modelling in Geotechnics (ICPMG-2006), Hong Kong, Vol.2, pp.1559-1565.単著
66
2006年11月海底パイプラインの暴風時耐波安定性に関する一考察海岸工学論文集、第53巻、pp.771-775.共著(Daniel Brooker)
67
2007年6月Stability Analysis of Unburied Offshore Pipeline under Severe Storm ConditionProceedings of the 26th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, San Diego, OMAE2007-29224.共著(Takanori Kaya)
68
2007年7月カーボネイト系地盤上に設置された海底パイプラインの耐波安定性解析について海洋開発シンポジウム論文集、Vol.23、pp.769-774.共著(加舎孝典)
69
2007年7月Unburied Offshore Pipeline Stability Analysis for Severe Storm ConditionProceedings of the 17th International Offshore and Polar Engineering Conference, Portugal, pp.176-185.共著(Daniel Brooker)
70
2007年9月Unburied Offshore Pipeline Stability Analysis under Severe Storm ConditionProceedings of the 4th International Structural Engineering and Construction Conference, Melbourne, Australia, ISEC-4.共著(Daniel Brooker)
71
2007年11月Seismic Response Analysis of Caisson Quay Wall Reinforced with Protective CushionProceedings of International Workshop on Scrap Tire Derived Geomaterials (IW-TDGM 2007), Yokosuka, Japan, pp.229-238.単著
72
2008年5月An Earthquake Resistant Reinforcement Work of RC-Storied Building Using ACM Bracing MethodProceedings of 4th International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'08), Jeju, Korea, pp.865-879.共著(K.Ono)
73
2008年7月Unburied Offshore Pipeline Stability Analysis Based on Non-linear Relationship Between Pipeline and Carbonate SoilProceedings of the 18th International Offshore and Polar Engineering Conference, Vancouver, Canada, pp.94-102.共著(Takanori Kaya)
74
2008年11月An Advanced Seismic Retrofitting Work for RC-Storied Building Using ACM Bracing MethodProceedings of the 11th East Asia-Pasific Conference on Structural Engineering and Construction, Taipei, Taiwan, CD-ROM.共著(K. Ono)
75
2008年12月On Application of ACM Bracing Method to Seismic Retrofitting Work of RC-Storied BuildingProceedings of the 2nd Asia-Pasific Workshop on Structural Health Monitoring, Melbourne, Australia, CD-ROM.共著(K. Ono)
76
2009年3月建築物の耐震診断・補強工事に関する実践的技術者教育について論文集「高専教育」、第32号、pp.465〜470.単著
77
2009年10月On Application of CASBEE Tool System to Local City Planning - Fukuchiyama City in Kyoto Prefecture -Proceedings of Asian Symposium on Eco-technology (ASET-16), Dalian, Chaina.共著(M. Makino, *****)
78
2010年5月Seismic Response of RC Structure Retrofitted by ACM BracesProceedings of the 1st International Conference on Advances on Interaction and Multiscale Mechanics(AIMM'10), pp.928-941, Jeju, Korea.共著(K. Ohfuji)
79
2010年9月Relationship between Seismic Index of Structure and Seismic Response of Retrofitted RC StructureProceedings of the 4th International Conference on Structural Engineering, Mechnics and Computation (SEMC 2010), Cape Town, Sauth Africa.共著(M. Mori)
80
2010年9月Sweeping Behaviour of Shallowly-Embedded Pipeline During Cyclic Lateral MovementProceedings of the 2nd International Symposium on Frontiers in Offshore Geotechnics 2010 (ISFOG 2010), Perth, Australia.単著
81
2011年1月Relationship between Seismic Index and Response of RC Structure Retrofitted by ACM BracesProceedings of the 12th East-Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction (EASEC 2011), Hong Kong, China.単著
82
2011年4月Application of ACM Brace Retrofitting Countermeasure to RC StructureProceedings of International Conference on Earthquake Engineering & Seismology (ICEES-2011), Islamabad, Pakistan.単著
83
2011年4月Stability Analysis of Shallowly-Embedded Offshore Pipeline on Carbonate SoilProceedings of the 2nd International Symposium on Computational Geomechanics (ComGeoII), Cavtat-Dubrovnik, Croatia.単著
84
2011年5月Sweeping Simulation of Unburied Offshore Pipeline Due to Cyclic Lateral MovementProceedings of the 13th International Confernce of the International Association for Computer and Advances in Geomechanics (IACMAG 2011), Melbourne, Australia.単著
85
2011年6月Seismic Performance of RC Structure Retrofitted by RC WallsProceedings of the 6th International Structural Engineering & Construction Conference (ISEC-6), Zurich, Switzerland.単著
86
2011年6月Effect of Vertical Loading on Unburied Offshore Pipeline Stability on Carbonate SeabedProceedings of the 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (OMAE2011), Rotterdam, The Netherlands.単著
87
2011年6月Cyclic Movement Behavior of Shallowly-Embedded Offshore Pipeline on Carbonate SeabedProceedings of the 21st International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE-2011), Maui, Hawaii, USA.単著
88
2011年9月Effect of Seismic Retrofitting Work on Overturning Ratio of Furniture in RC Building StructureProceedings of the 2011 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM11plus), Seoul, Korea.共著(H. Nishikawa, ****)
89
2012年3月Application of ACM Brace Retrofitting Countermeasure to Steel StructureProceedings of the 2nd International Conference on Rehabilitation and Maintenance In Civil Engineering (ICRMCE 2012), Solo, Indonesia.単著
90
2012年7月Load-Displacement Relationship of ACM Wooden-House Retrofitting BraceProceedings of World Conference on Timber Engineering (WCTE 2012), Auckland, NewZealand.単著
91
2012年8月Collapsing Simulation of Wooden-House Retrofitted by ACM Braces During Seismic Ground MotionProceedings of the 2012 International Conference on Advances in Coupled System Mechanics (ACSM 2012), Seoul, Korea.共著(H. Nishikawa, ****)
92
2012年11月Seismic Performance Evaluation of Retrofitted Wooden House by Collasping Process AnalysisProceedings of the First Australasia and South East Asia Conference in Structural Engineering and Construction (ASEA-SEC-1 2012), Perth, Australia.共著(****, H. Nishikawa)
93
2012年12月Collapsing Behavior of Retrofitted Wooden House under Seismic MotionProceedings of the First International Conference on Performanced-based and Life-cyclke Structural Engineering (PLSE 2012), Hong Kong, China.共著(****, H. Nishikawa)
94
2013年6月平均S波速度と木造家屋応答の関係土木学会地震工学論文集A1(構造・地震工学),Vol. 69 (2013) No. 4 p. I_727〜I_733共著(西川・加登・****・宮島)
95
2013年7月Evaluation of Overturning Ratio of Furniture in Wooden House By Collapsing Process AnalysisProceedings of the Seventh International Structural Engineering and Construction Conference (ISEC-7), Vol.1, pp.785-790, Honolulu, Hawaii, USA.共著(****, H. Nishikawa)
96
2013年7月Seismic Damage Prediction of Water Supply PipelineProceedings of the Seventh International Structural Engineering and Construction Conference (ISEC-7), Vol.T, pp.539-544, Honolulu, Hawaii, USA.共著(H. Nishikawa, ****)
97
2013年7月On Seismic Response of Retrofitted Wooden House By Collapsing Process AnalysisProceedings of the Second International Conference on Structures and Architecture (ICSA 2013), Guimaraes, Portugal.共著(****, H. Nishikawa)
98
2013年9月Seismic Response of Wooden House Retrofitted by ACM Braces By Collapsing Process AnalysisProceedings of the Fifth International Conference on Structural Engineering Mechanics and Computation (SEMC 2013), Cape Town, South Africa.共著(****, H. Nishikawa)
99
2013年9月Seismic Response Evaluation of New Wooden House by Collapsing Process AnalysisProceedings of the 2013 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM13), Jeju, Korea.共著(H. Nishikawa, ****)
100
2013年9月On Seismic Damage Prediction of Wooden House Using Average Shear Wave Velocity, AVS30Proceedings of the Thirteenth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction (EASEC-13), Sapporo, Japan.共著(H. Nishikawa, ****)
101
2014年8月Collapsing Analysis of An Old Wooden House Against A Strong Earthquake Ground MotionProceedings of World Conference on Timber Engineering (WCTE2014), ABS408, Quebec, Canada単著
102
2014年8月Characteristics of S-wave Amplification Spectrum Using Microtremor Observations in Maizuru CityProceedings of the 2014 World Congress on Advances in Civil, Environmental, & Material Research (ACEM2014), Busan, Korea.共著(H. Nishikawa, ****)
103
2014年8月On Seismic Behavior of Japanese-Style Three-Story Wooden Hotel During a Strong Earthquake Ground MotionProceedings of the 2014 World Congress on Advances in Civil, Environmental, & Material Research (ACEM2014), Busan, Korea.共著(**** ,H. Nishikawa)
104
2014年11月Evaluation of S-wave Amplification Spectrum using Microttemors in Maizuru CityProceedings of the 2nd Australasia and South East Asia Conference in Structural Engineering and Construction (ASEA-SEC2), pp.109-114, Bangkok, Thailand.共著(H. Nishikawa, ****)
105
2014年11月Seismic Collapsing Analysis of Japanese-Style 3-Story Wooden HotelProceedings of the 2nd Australasia and South East Asia Conference in Structural Engineering and Construction (ASEA-SEC2), pp.277-282, Bangkok, Thailand.共著(****, H. Nishikawa)
106
2014年12月Evaluation of Predominant Period of Ground Surface Layer Using Microtremors in Maizuru CityProceedings of the 2014 International Conference on Geomechanics and Structural Engineering (CGSE 2014), Hong Kong, China.共著(H. Nishikawa, ****)
107
2014年12月Seismic Collapsing Analysis of Two-Story Wooden House, Kyo-machiya, against Strong Earthquake Ground MotionProceedings of the 2014 International Conference on Geomechanics and Structural Engineering (CGSE 2014), Hong Kong, China.単著
108
2015年7月高精度傾斜センサを用いた振動測定装置の試作土木学会論文集A1(構造・地震工学), Vol.71(2015),No.4.共著(西川隼人,****,釣 健孝,福井繁雄,宮島昌克)
109
2015年8月Seismic Retrofit Performance of One-story Wooden Structure Using 3-D Collapsing AnalysisProceedings of the 2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM15), Incheon, Korea.共著(****, H. Nishikawa)
110
2015年8月Seismic Damage Prediction of Wooden House Using Predominant Period of GroundProceedings of the 2015 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechnics (ASEM15), Incheon, Korea.共著(H. Nishikawa, ****)
111
2015年11月Estimation of Predominant Period of Ground Surface Layler Using the Inverse Distance Weighting MethodProceedings of the 8th International Conference in Structural Engineering and Construction (ISEC-8), pp.537-542, Sydney, Australia.共著(H. Nishikawa, ****)
112
2015年11月Seismic Collapsing Analysis of One-story Wooden Kindergarten Structure against Strong Earthquake Ground MotionProceedings of the 8th International Conference in Structural Engineering and Construction (ISEC-8), pp.313-318, Sydney, Australia.共著(****, H. Nishikawa)
113
2015年12月Seismic Collapsing Behaviour of One-story Wooden Structure with Thatched Roof under Strong Earthquake Ground MotionProceedings of the Second International Conference on Perormance-based and Life-cycle Structural Engineering (PLSE 2015), pp.348-357, Brisbane, Australia.共著(****, H. Nishikawa)
114
2016年3月Seismic Collapsing Behaviour of Three-story Wooden House under Strong Earthquake Ground MotionJournal of Civil Engineering and Construction (ISSN[Paper]: 2051-7769, ISSN[Online]: 2051-7777), Vol.5, No.1, pp.1-9.共著(****, H. Nishikawa)
115
2016年3月Seismic Collapsing Process Analysis of One-story Thatched Roof Wooden Structure under Strong Earthquake Ground MotionJournal of Civil Engineering and Construction (ISSN[Paper]: 2051-7769, ISSN[Online]: 2051-7777), Vol.5, No.2, pp.114-125.共著(****, H. Nishikawa)
116
2016年8月Fire Spreading Behavior of a Group of Wooden Houses in Townscape Formation DistrictProceedings of the 2016 World Congress on Advances in Civil, Environmental, and Materials Research (ACEM16)/ The 2016 Structural Congress (Structures16), Jeju, Korea.単著
117
2016年8月Seismic Damage Prediction of Old Japanese-style Wooden House Based on Predominant Period Distribution of Ground Surface LayerProceedings of the 2016 World Congress on Advances in Civil, Environmental, and Materials Research (ACEM16)/ The 2016 Structural Congress (Structures16), Jeju, Korea.共著(H. Nishikawa, ****)
118
2016年9月Seismic Performance Evaluation of One-story Thatched Roof Wooden Structure by Collapsing Process AnalysisProceedings of the 6th International Conference on Structural Engineering, Mechanics and Computation (SEMC2016), Cape Town, South Africa.共著(****, R. Hirano and H. Nishikawa)
119
2016年10月Fire Spreading Analysis of a Group of Wooden Houses in Townscape Formation DistrictProceedings of the 3rd Australasian and South-East Asia Structural Engineering and Construction Conference (ASEA-SEC-3), AAE-1, ISBN: 978-0-9960437-3-1, Kuching, Sarawak, Malaysia.単著
120
2016年10月Seismic Performance of an Old Japanese-style Two-story Wooden House Under a Strong Earthquake Ground MotionProceedings of the 3rd Australasian and South-East Asia Structural Engineering and Construction Conference (ASEA-SEC-3), St-5, ISBN: 978-0-9960437-3-1, Kuching, Sarawak, Malaysia.共著(**** and H. Nishikawa)
121
2016年10月Seismic Damage Prediction of Old Japanese-style Wooden House Using Predominant Period Distribution of Ground Surface LayerProceedings of the 3rd Australasian and South-East Asia Structural Engineering and Construction Conference (ASEA-SEC-3), St-11, ISBN: 978-0-9960437-3-1, Kuching, Sarawak, Malaysia.共著(**** and H. Nishikawa)
122
2017年3月Seismic Performance of One-storey Thatched Roof Wooden Structure Against a Strong Earthquake Ground MotionJournal of Civil Engineering and Construction, Vol.6, No.1, pp.1-14, (ISSN: 2051-7769, eISSN: 2051-7777).共著(**** and H. Nishikawa)
123
2017年3月Seismic Damage Prediction of Old Japanese-style Wooden House Using Predominant Period Distribution of Ground Surface LayerJournal of Modeling and Optimization, Vol.9, No.1, pp.1-11, (ISSN: 1759-7676).共著(H. Nishikawa and ****)

( 口 頭 発 表 )
1987年7月摩擦式アースアンカーの動的挙動第22回土質工学研究発表講演概要集, pp.1353〜1354共著(北村・桜井)
1987年12月複数個の多段式支圧型アースアンカーの動的挙動第37回応用力学講演予稿集pp.193〜194共著(北村・桜井)
1988年7月複数の多段式支圧型アースアンカーの動的挙動第23回土質工学研究発表講演論文集, pp.1681〜1682共著(北村・桜井)
1989年5月半無限多孔質飽和弾性体内部の鉛直点加振解平成元年度土木学会関西支部年次学術講演会概要集、T-85共著(北村)
1989年5月電気通信局外設備の震後復旧支援システムについて平成元年度土木学会関西支部年次学術講演会概要集、T-108共著(高田・****・森岡)
1989年6月多孔質飽和弾性地盤の支圧型アースアンカーの動的挙動について第24回土質工学研究発表講演概要集,pp.1489〜1490共著(北村)
1989年9月剛基盤上の多孔質飽和弾性地盤表面の鉛直コンプライアンス土木学会第44回年次学術講演会概要集、T-333共著(北村)
1990年5月電気通信局外設備の機能特性を考慮した震後復旧支援システム平成2年度土木学会関西支部年次学術講演会概要集、T-84共著(高田・****・鰺本)
1990年7月多孔質飽和弾性地盤の多段式支圧型アースアンカーの動的挙動について第25回土質工学研究発表講演概要集, pp.1557〜1558共著(北村)
10
1990年8月COSMOSシステムの概要情報処理教育研究発表会論文集, 第10号, pp.1〜4共著(北原・中川・池野・山根・****)
11
1990年8月専門科目との整合性を考慮した土木系情報処理教育情報処理教育研究発表会論文集, 第10号,pp.56〜59共著(三輪・****・前野)
12
1990年8月パソコンを用いたマークカード・データ処理について情報処理教育研究発表会論文集, 第10号,pp.80〜83共著(野瀬)
13
1990年9月多孔質飽和弾性体の表面加振問題における境界条件に関する一考察土木学会第45回年次学術講演会概要集、T-236共著(北村)
14
1991年5月液状化地域における地中埋設管路被害率平成3年度土木学会関西支部年次学術講演会概要集、T-57共著(高田・****・小川・岡)
15
1991年5月ライフラインネットワークの機能被害評価について平成3年度土木学会  関西支部年次学術講演会概要集、T-60共著(宮)
16
1991年7月支圧型アースアンカーの周辺地盤における応力分布について第26回土質工学研究発表講演概要集, pp.1605〜1606共著(北村)
17
1991年7月被害早期把握のための地震強度の推定および遠隔監視地震計の配置について第19回地震工学研究発表講演予稿集, pp.349〜352共著(高田・****・福家・福井)
18
1991年9月形状補間関数による地震動の推定について土木学会第46回年次学術講演概要集、T-620共著(高田)
19
1992年5月液状化地域における地中埋設管路被害率(その2)平成4年度土木学会関西支部年次学術講演会概要集、T-28共著(高田・****・小川・岡)
20
1992年5月高速道路における車両走行挙動に関するシミュレーションモデ  ルの開発平成4年度土木学会関西支部年次学術講演会, W-6共著(川崎・森岡)
21
1992年6月多孔質飽和弾性地盤における支圧型アースアンカーの動的挙動−間隙水の荷重分担率の影響について−第27回土質工学研究発表講演概要集, pp.1843〜1844共著(北村)
22
1992年9月半無限多孔質弾性体内部の鉛直等分布加振力による変位・応力解土木学会第47回年次学術講演会概要集、CS2ー5共著(北村)
23
1993年1月多孔質飽和弾性地盤内部のアンカー支圧板の動的応答特性第42回応用力学講演論文集pp.171〜174共著(北村)
24
1993年5月モニタリングシステムにおける地震動の補間と推定  精度について平成5年度土木学会関西支部年次学術講演会概要集、T-28共著(高田・****・小川・福井)
25
1993年6月多孔質飽和弾性地盤における支圧型アースアンカーの動的応答特性−支圧板の剛性による影響−第28回土質工学研究発表講演論文集, pp.2097〜2098共著(北村)
26
1993年9月二次元半無限多孔質飽和弾性体−流体系の動的境界要素法解析土木学会第48回年次学術講演概要集、T-180共著(北村・網野)
27
1993年12月多孔質飽和弾性地盤内部のアンカー支圧板の動的応答特性第42回応用力学連合講演予稿集、pp.171〜174共著(北村)
28
1994年6月多孔質飽和地盤における支圧型アースアンカーの動的応答特性について −アンカーロッド径の違いによる影響−第29回土質工学研究発表講演論文集, pp.1783〜1784共著(北村)
29
1994年9月三次元境界要素法を用いた溝の振動遮断解析について土木学会第49回年次学術講演概要集、T-B、pp.1302〜1304共著(北村)
30
1995年7月多孔質飽和地盤における支圧型アースアンカーの動的応答特性について −係留力を受けるアンカーの応答−第30回土質工学研究発表講演概要集, pp.1745〜1746単著
31
1995年9月地中防振壁と空溝のハイブリッッド構造による振動遮断効果土木学会第50回年次学術講演概要集、I-B 666共著(北村)
32
1996年7月支圧板を有する摩擦型アンカー周辺地盤の応力分布特性について第31回地盤工学研究発表概要集、pp.1961〜1962単著
33
1996年9月多層構造を有する地中防振壁の振動遮断効果について土木学会第51回年次学術講演概要集、I-B 169共著(北村・野呂)
34
1997年7月先端拡底部を有するアンカーの周辺地盤の応答について第32回地盤工学研究発表概要集、pp.1811〜1812単著
35
1997年9月L字型構造を有する地中防振壁の振動遮断効果について  土木学会第52回年次学術講演概要集共著(北村・足立)
36
1998年7月地中水平防振壁を有する多層構造型防振壁の振動遮断効果について第33回地盤工学研究発表概要集、pp.1051〜1052共著(北村)
37
1998年10月多層構造を有するL字型地中防振壁の加振源側振動遮断効果について土木学会第53回年次学術講演概要集、I-B 169共著(北村)
38
1999年7月地中水平防振壁を有する3層防振壁の振動遮断効果について −鉛直加振力による水平変位の場合−第34回地盤工学研究発表概要集、pp.1973〜1974共著(北村)
39
2000年6月連続地中壁上の加振源に対する振動遮断効果に関する一考察第35回地盤工学研究発表概要集、pp.1051〜1052単著
40
2001年6月連続地中壁上の加振源に対する振動遮断対策について ―制御加振力による振動制御効果について―第36回地盤工学研究発表概要集、pp.1205〜1206単著
41
2008年11月ACMブレース工法によるRC建屋の耐震補強日本地震工学会−2008年概要集、pp.168〜169共著(小野紘一・*****・久部修弘)
42
2012年10月平均S波速度と木造家屋応答の関係―京都府舞鶴市を対象とした検討―土木学会 第32回地震工学研究発表会講演論文集共著(西川 隼人・加登文学・*****・宮島昌克)
43
2014年2月舞鶴市東地区を対象とした常時微動測定によるS波増幅スペクトルの評価平成25年度「近畿地区7高専連携シンポジウム 」概要集共著(渡邊力椰・西川隼人・*****)
44
2014年10月地震動スペクトルによる地盤増幅度評価土木学会 第34回地震工学研究発表会講演論文集、D21-634共著(西川 隼人・*****)
45
2014年10月高精度傾斜センサを用いた動測定装置試作土木学会 第34回地震工学研究発表会講演論文集、B23-644共著(****・西川隼人・釣 健孝・福井繁雄・宮島昌克)
46
2015年2月舞鶴市東地区の地盤の卓越周期分布の推定平成26年度「近畿地区7高専連携シンポジウム 」概要集共著(新藤康介・西川隼人・*****)
47
2017年9月福井県小浜市の伝統的木造建築物の振動特性評価2017年度日本建築学会(中国)大会学術講演概要集、pp.561-562、DVD版共著(平野竜一朗・*****・西川隼人)

(舞 鶴 高 専 紀 要)
1987年3月多段式支圧型アースアンカーの動的変位挙動について舞鶴工業高等専門学校紀要、第22号、pp.39〜46共著(北村・櫻井)
1987年3月斜杭を有する群杭の杭頭インピーダンスについて舞鶴工業高等専門学校紀要、第22号、pp.47〜52共著(北村・櫻井)
1988年3月半無限粘弾性地盤における各種加振力による変位解の解析舞鶴工業高等専門学校紀要、第23号、pp.51〜59単著
1988年3月複数の多段式支圧型アースアンカーの動的変位挙動について舞鶴工業高等専門学校紀要、第23号、pp.60〜66共著(北村・櫻井)
1989年3月多段式支圧型アースアンカーの周辺地盤におけるせん断応力分布について舞鶴工業高等専門学校紀要、第24号、pp.86〜98単著
1990年3月作業性評価へのファジィ理論の適用について舞鶴工業高等専門学校紀要、第25号、pp.110〜118単著
1990年3月多孔質飽和弾性地盤内部の支圧型アースアンカーの動的変位挙動について舞鶴工業高等専門学校紀要、第25号、pp.119〜129共著(北村)
1991年3月多孔質飽和弾性地盤内部の多段式支圧型アースアンカーの動的変位挙動について舞鶴工業高等専門学校紀要、第26号、pp.96〜101共著(北村)
1991年3月多孔質飽和弾性体上の円形加振力による応力分布について舞鶴工業高等専門学校紀要、第26号、pp.102〜114単著
10
1992年3月半無限多孔質飽和弾性体内部の鉛直分布加振力による変位・応力解について舞鶴工業高等専門学校紀要、第27号、pp.65〜78単著
11
1992年3月多孔質飽和弾性地盤に埋設された支圧型アースアンカーの周辺地盤における応力分布について舞鶴工業高等専門学校紀要、第27号、pp.79〜91共著(北村)
12
1993年3月多孔質飽和弾性地盤内部のアンカー周辺地盤の周波数応答特性について舞鶴工業高等専門学校紀要、第28号、pp.63〜79単著
13
1994年3月海底地盤特性を考慮した浮体構造物の係留用アンカーの応答特性について舞鶴工業高等専門学校紀要、第29号、pp.16〜23単著
14
1994年3月2点係留された船舶の係留アンカーの応答特性舞鶴工業高等専門学校紀要、第29号、pp.24〜33共著(前野・高山・平石)
15
1995年3月サクションアンカー周辺地盤の変位応答について舞鶴工業高等専門学校紀要、第30号、pp.12〜27単著
16
1995年3月三次元境界要素法による空溝の振動遮断解析について舞鶴工業高等専門学校紀要、第30号、pp.28〜35共著(北村)
17
1996年3月サクションを受けるケーソン構造物の周波数応答特性について舞鶴工業高等専門学校紀要、第31号、pp.59〜66単著
18
1996年3月支圧板を有する摩擦型アンカーの周辺地盤の応答特性について舞鶴工業高等専門学校紀要、第31号、pp.67〜74単著
19
1997年3月サクションケーソン周辺地盤の周波数応答特性について舞鶴工業高等専門学校紀要、第32号、pp.79〜92単著
20
1997年3月サクションケーソンの変位応答特性について舞鶴工業高等専門学校紀要、第32号、pp.93〜106単著
21
1998年3月潮位変動を受ける杭基礎およびその周辺地盤の応答特性について舞鶴工業高等専門学校紀要、第33号、pp.85〜94単著
22
1998年3月先端拡底杭周辺地盤の応答特性に関する一考察舞鶴工業高等専門学校紀要、第33号、pp.95〜105単著
23
1999年3月杭基礎上のケーソン岸壁および周辺地盤の地震時挙動特性について舞鶴工業高等専門学校紀要、第34号、pp.36〜44単著
24
2000年3月杭基礎を有するケーソン岸壁の地震時応答に及ぼす杭長の影響に関する一考察舞鶴工業高等専門学校紀要、第35号、pp.6〜16単著
25
2001年3月杭基礎を有するケーソン岸壁背面の液状化対策工に関する検討舞鶴工業高等専門学校紀要、第36号、pp.8〜15単著
26
2002年3月連続地中壁上の加振源に対する制御用加振力による振動遮断効果について舞鶴工業高等専門学校紀要、第37号、pp.71〜87単著
27
2003年3月Displacement Simulation of a Pipeline on the Seabed Bubjected to Horizontal Cyclic Loading舞鶴工業高等専門学校紀要、第38号、pp.18〜26単著
28
2004年3月Pore Pressure Build-Up Response Due to Horizontal Cyclic Loading of Pipeline舞鶴工業高等専門学校紀要、第39号、pp.56〜63単著
29
2005年3月繰り返し載荷を受けるパイプライン−地盤系の応答特性について舞鶴工業高等専門学校紀要、第40号、pp.61〜68単著
30
2005年3月e-Learningシステムの構築とその教育効果について舞鶴工業高等専門学校紀要、第40号、pp.69〜79共著(野瀬 佳正)
31
2006年3月繰り返し載荷を受けるパイプライン挙動と地盤特性の関係について舞鶴工業高等専門学校紀要、第41号、pp.49〜55単著
32
2008年3月自然災害に強いまちづくりを目指した地域防災支援システムの構築について舞鶴工業高等専門学校紀要、第43号、pp.19〜29共著(岩城智也)
33
2008年3月Excelを用いたRC造建築物の耐震診断と補強対策について舞鶴工業高等専門学校紀要、第43号、pp.49〜55共著(村岡正樹)
34
2009年3月木造・RC造建築物の耐震診断・補強に関する実践的技術者教育の取組について舞鶴工業高等専門学校紀要、第44号、pp.49〜55単著
35
2012年3月ACMブレースによる木造住宅の耐震補強工法舞鶴工業高等専門学校紀要、第47号、pp.49〜55単著
36
2013年3月振動測定による木造住宅の耐震補強効果の評価舞鶴工業高等専門学校紀要、第48号、pp.29〜39共著(西川隼人・*****)
37
2016年3月起振器を用いた木造古民家住宅の耐震性評価について舞鶴工業高等専門学校紀要、第51号、pp.31〜41共著(西川隼人・西村良平)
38
2017年3月起振器を用いた木造古民家住宅の耐震性評価について −小浜西組における町並み資料保存館を対象として−舞鶴工業高等専門学校紀要、第52号、pp.29〜38共著(西川隼人・西村良平・平野竜一朗)

(舞鶴高専 情報処理教育)
1986年3月日本語ワードプロセッサ講座用テキスト情報処理教育と研究の現状、第14号共著(情報教育グループ)
1986年3月日本語ワードプロセッサ講座用テキスト情報処理教育と研究の現状、第14号共著(情報教育グループ) 
1987年3月ACOS250/40システムにおけるフロッピーディスクの取り扱いについて情報処理教育と研究の現状、第15号、pp.70〜79共著(野瀬)
1988年3月ACOS250/40システムにおける磁気テープの取り扱い方について情報処理教育と研究の現状、第16号、pp.18〜29共著(野瀬)
1989年3月パソコンを用いたマークシート方式による試験の採点およびSP表の作成情報処理教育と研究の現状、第17号、pp.97〜102共著(野瀬)
1990年3月Mixed Language Programmingへの招待(その1)情報処理教育と研究の現状、第18号、pp.84〜89共著(野瀬)
1991年3月FORTRAN言語用3次元グラフィック・ライブ  ラリー(CORE−PC)について情報処理教育と研究の現状、第19号、pp.78〜85共著(武田・岡・****・野瀬)
1991年3月地震観測データからの任意地点における加速度の一推定法について情報処理教育と研究の現状、第19号、pp.86〜92共著(細見)
1991年3月Mixed Language Programmingへの招待(その2)情報処理教育と研究の現状、第19号、pp.93〜104共著(野瀬)
10
1991年3月Mixed Language Programmingへの招待(その3)情報処理教育と研究の現状、第19号、pp.105〜126共著(野瀬)
11
1991年3月ちょっと便利なMS−DOS実行ファイル圧縮ユーティリティー情報処理教育と研究の現状、第19号、pp.131〜134共著(野瀬・****)
12
1992年3月土木設計製図支援用プログラムの開発− Guyon-Mossonnet法による荷重分配係数の計算 −情報処理教育と研究の現状、第20号、pp.17〜23共著(岡本・****)
13
1992年3月商用CADソフトと製図教育の接点情報処理教育と研究の現状、第20号、pp.24〜28共著(岡・****・白藤・川勝)
14
1992年3月DN3000における日本語処理および簡易グラフ作成について情報処理教育と研究の現状、第20号、pp.29〜33共著(野瀬)
15
1992年3月ファジィ理論による自動車の交通シミュレーション情報処理教育と研究  の現状、第20号、pp.34〜40共著(川崎)
16
1992年3月ちょっと便利なMS−DOS上のユーティリティ情報処理教育と研究の現状、第20号、pp.41〜47共著(野瀬)
17
1992年3月Mixed Language Programmingへの招待(その4)情報処理教育と研究の現状、第20号、pp.48〜62共著(野瀬)
18
1992年3月日本語MS−DOS(Ver.5.0)の紹介情報処理教育と研究の現状、第20  号、pp.63〜71単著
19
1993年3月日本語MS−WindowsにおけるFORTRAN言語プログラミング−640K  Bのメモリを越えたメモリアクセス−情報処理教育と研究の現状、第21号、pp.62〜73単著
20
1994年3月ライフライン・システムの信頼性評価へのフラクタル次元とカオスの適用について情報科学センター年報(情報処理教育と研究の現状)、第22号、pp.2〜12単著
21
1994年3月図書館検索データベースの構築について情報科学センター年報(情報処理教育と研究の現状)、第22号、pp.156〜161共著(野瀬)
22
1996年3月地盤振動問題へのCGの適用について情報科学センター年報、第24号、pp.18〜32共著(久世)
23
1996年3月地中防振壁と空溝のハイブリッド構造による振動遮断効果に関する一考察情報科学センター年報、第24号、pp.33〜40共著(野呂)
24
1996年3月グラフィック・マウス・テキストライブラリ/Win(Ver.1)によるWindowsプログラムの作成について情報科学センター年報、第24号、pp.207〜221共著(久世・****)
25
1996年3月Ms-Accessにおける画像データベースの構築について−AccelViewについて−情報科学センター年報、第24号、pp.222〜232共著(上田・田村・****)
26
1997年3月Cam-clayモデルを用いた先端拡底杭周辺地盤の応答特性情報科学センター年報、第25号、pp.18〜29共著(加納)
27
1997年3月多層構造を有する地中防振壁による振動遮断効果に関する一考察情報科学センター年報、第25号、pp.30〜36共著(足立)
28
1998年3月地中水平防振壁を有するハイブリッド型防振壁に振動遮断効果について情報科学センター年報、第26号、pp.20〜24単著
29
1998年3月グラフィック・マウス・テキストライブラリ/Win(Ver.1)によるWindowsプログラムの作成について(第2報) 情報科学センター年報、第26号、pp.92〜110単著
30
1999年3月水平防振壁を有する3層鉛直防振壁の振動遮断効果について情報科学センター年報、第27号、pp.13〜20単著
31
2000年3月地中連続壁上の加振源の振動遮断効果に関する一考察について −水平防振壁を有する3層鉛直防振壁の場合−情報科学センター年報、第28号、pp.8〜19単著
32
2000年3月DIGITAL Visual Fortran (Ver.6.0A)のグラフィックス表示について −Fortran90,95言語−情報科学センター年報、第28号、pp.141〜161単著
33
2000年3月Windows2000/98/95およびWindowsNTで動作するXサーバーについて −ASTEC−Xの紹介−情報科学センター年報、第28号、pp.162〜173共著(野瀬・****)
34
2000年3月Windows2000(RC2)の紹介レポート情報科学センター年報、第28号、pp.174〜185共著(組・松本・新宮・野瀬・****)
35
2000年3月I Mail Server for WindowsNT With WebMessagingの紹介情報科学センター年報、第28号、pp.186〜210共著(長峰・****・野瀬)
36
2001年3月地中連続壁上の加振源に対する振動遮断効果に関する一考察 −鉛直防振壁上の制御加振力について−情報科学センター年報、第29号、pp.14〜26単著
37
2001年3月Visual Basic(Ver.6.0)によるボックスカルバートの設計プログラムについて −フォームデザイン−情報科学センター年報、第29号、pp.145〜156共著(平岡・藤井・****)
38
2002年3月制御用加振力を用いた振動遮断効果に関する一考察情報科学センター年報、第30号、pp.8〜27単著
39
2003年3月Vertical Response of Pipeline Due to Cyclic Loading Using a Plasticity Model情報科学センター年報、第31号、pp.7〜13単著
40
2004年3月VMwareによるWindows上の仮想マシンについて−VMware Workstation 4−情報科学センター年報、第32号、pp.33〜48共著(高橋福太郎・****・野瀬佳正)
41
2004年3月Windows系OS上からのネットワーク接続によるLinuxの利用について−HammingBird Exceed V8.0J−情報科学センター年報、第32号、pp.49〜64共著(野瀬佳正)
42
2004年3月Windows系OS上で動作するネットワーク接続によるXサーバーについて−ASTEC-X V4.1−情報科学センター年報、第32号、pp.65〜74共著(辻野勝久・****・野瀬佳正)
43
2006年3月紙ベース資料のスキャナ読み取りによる電子ファイル化について −成績評価資料等のpdf化を目指して−情報科学センター年報、第34号、pp.48〜56共著(加登文学・永井 宏)
44
2006年3月Oracle Database 10gの紹介 第1部 インストールと管理情報科学センター年報、第34号、pp.107〜116共著(能勢嘉朗・大嶋 毅・渡邊 真・****)
45
2006年3月Oracle Database 10gの紹介 第2部 Oracle HTML DBについて情報科学センター年報、第34号、pp.117〜127共著(能勢嘉朗・大嶋 毅・渡邊 真・****)
46
2006年3月市民生活向上を考慮した舞鶴市前島の空間デザインについて情報科学センター年報、第34号、pp.11〜24共著(大塩清太郎・****)
47
2006年3月地域活性化を目指した舞鶴市しおじ・浜の空間デザインについて情報科学センター年報、第34号、pp.25〜32共著(渡邊健志・****)
48
2006年3月インターネットを利用した自己学習支援システムの構築について情報科学センター年報、第34号、pp.33〜47共著(釣田好基・****)
49
2007年3月e-LearningソフトウェアWeBClassによる教材作成 −試験問題の作成について−情報科学センター年報、第35号、pp.4〜10共著(西川隼人・****)
50
2007年3月3DCGによる地域活性化を目指した景観作りについて −赤レンガ博物館周辺への適用−情報科学センター年報、第35号、pp.11〜18共著(上田建人・****)
51
2007年3月建築物環境性能評価システムCASBEEを用いた学寮改修計画情報科学センター年報、第35号、pp.19〜27共著(熊谷将吾・****)
52
2007年3月3DCGを用いた本校図書館の改築プランの提案について情報科学センター年報、第35号、pp.28〜36共著(田中麻里・****)
53
2008年3月自己評価書資料管理システムの開発情報科学センター年報、第36号、pp.19〜27共著(能勢嘉朗・****)
54
2008年3月GISを用いた自然災害ハザードマップの作成について情報科学センター年報、第36号、pp.28〜36共著(岩城智也・****)
55
2008年3月EXCELを用いた建築物の耐震診断について情報科学センター年報、第36号、pp.37〜48共著(村岡正樹・****)
56
2009年3月建築物総合環境性能評価システムCASBEEの福知山市への適用情報科学センター年報、第37号、pp.8〜15共著(牧野正治・****)
57
2009年3月CMSを用いた効率的なWebサイトの構築について情報科学センター年報、第37号、pp.16〜21共著(加茂勇太郎・****・野瀬佳正)
58
2009年3月VMware Playerとウェブサービスを用いた仮想コンピュータの構築について情報科学センター年報、第37号、pp.22〜28共著(加茂勇太郎・****・野瀬佳正)
59
2009年3月Windows 7の試用と互換性の検証について情報科学センター年報、第37号、pp.29〜35共著(加茂勇太郎・****・野瀬佳正)
60
2010年3月地方都市におけるCASBEE-まちづくりの適用に関する研究情報科学センター年報、第38号、pp.1〜6共著(牧野正治・****)
61
2010年3月OpenVASによる脆弱性の発見と発見された脆弱性に対する対応について情報科学センター年報、第38号、pp.7〜14共著(加茂勇太郎・****)
62
2010年3月USBメモリを用いた作業環境の構築とその運用について情報科学センター年報、第38号、pp.15〜21共著(千賀優作・加茂勇太郎・****)
63
2011年3月LINUX無線LANルータの構築について情報科学センター年報、第39号、pp.15〜21共著(千賀優作・加茂勇太郎・****)
64
2012年3月BootCampを用いたMacintoshへのWindows7のインストールと初期設定情報科学センター年報、第40号、pp.21〜27共著(加茂勇太郎・チュウン・ダイスオー・****・古林達哉)
65
2012年3月統合監視システム「ZABBIX」の運用及びOpenVAS連携による脆弱性対応について情報科学センター年報、第40号、pp.14〜20共著(千賀優作・加茂勇太郎・****)
66
2012年3月倒壊シミュレーションによる木造住宅の地震時挙動について情報科学センター年報、第40号、pp.1〜7共著(西村 拓也・西川 隼人・****)
67
2012年3月建築物環境性能評価システムを用いた学寮7号館の新築計画について情報科学センター年報、第40号、pp.8〜13共著(中出 成利・****)
68
2013年3月在来軸組構法による新築木造住宅の地震時倒壊解析について情報科学センター年報、第41号、pp.1〜10共著(和田友太・西川 隼人・****)
69
2013年3月建築物環境性能評価システムを用いた図書館の改善案について情報科学センター年報、第41号、pp.11〜19共著(福田あゆみ・****)
70
2013年3月仮想化技術とクラウド監視システムの導入について情報科学センター年報、第41号、pp.20〜22共著(千賀 優作・****)
71
2014年3月3次元CADを用いた都市計画について -Autodesk Infrastructure Design Suiteの適用-情報科学センター年報、第42号、pp.1〜10共著(チュウン・タイスオー・****)
72
2014年3月在来軸組構法による木造3階建て旅館建築物の地震時倒壊解析について情報科学センター年報、第42号、pp.11〜21共著(野里 祐平・西川 隼人・****)
73
2014年3月Node.jsによるリアルタイムWebの実装について情報科学センター年報、第42号、pp.22〜23共著(千賀 優作・****)
74
2015年3月建物の3D表現と街路景観について −SketchUpを用いた建物作成とその適用事例−情報科学センター年報、第43号、pp.1〜15共著(西村 龍気・チュウン・タイスオー・****)
75
2016年3月景観形成地区における木造住宅群の火災延焼シミュレーションについて情報科学センター年報、第44号、pp.1〜21共著(村中 大樹・****)
76
2016年3月茅葺屋根を有する木造古民家の地震時倒壊解析について情報科学センター年報、第44号、pp.23〜42共著(平野竜一朗・****)
77
2017年3月3次元CADを用いた都市計画道路の可視化について−Autodesk Infraworks 360の適用−情報科学センター年報、第45号、pp.1〜15共著(金山 昴太・****)
78
2017年3月木造住宅群の火災延焼シミュレーションについて情報科学センター年報、第45号、pp.16〜42共著(松島 大智・****)

( 著 書 )
1986年なるほど!!わかる!!新・一太郎森北出版共著(情報教育グループ)
1990年これで完璧!!一太郎森北出版共著(情報教育グループ)
1991年工学BASICナカニシヤ出版共著(前野・****・三輪)
1994年わかる!!使える!!一太郎Ver.5森北出版共著(情報教育グループ) 
2000年情報リテラシーナカニシヤ出版共著(畑中・前野・石川・鈴村・****)
2000年工学FORTRANナカニシヤ出版共著(****・前野・畑中・鈴村・井上・石川)
2000年工学Cナカニシヤ出版共著(鈴村・前野・****・畑中・井上・石川)