3.4.4 時間応答 ― Simulink


 Simulink を利用した単位ステップ応答のシミュレーションを行うためのファイル

 (1) 制御対象の状態空間表現の定義 ...... M ファイル plant.m (p.59)
clear
format compact

A = [  0  1
     -10 -2 ];
B = [ 0
      1 ];
C = [ 1  0 ];
D = 0;
sysP = ss(A,B,C,D);
 (2) 単位ステップ応答のシミュレーション ...... Simulink モデル (p.65)
simulink_step_R2010b.mdl(R2010b 以降のバージョン用)
simulink_step_R2007b.mdl(R2007b 以降のバージョン用)
simulink_step_R13SP1.mdl(R13SP1 以降のバージョン用)
 (2') 単位ステップ応答のシミュレーション ...... Simulink モデル:Simulink ブロック 'State-Space' を利用 (p.66)
simulink_step2_R2010b.mdl(R2010b 以降のバージョン用)
simulink_step2_R2007b.mdl(R2007b 以降のバージョン用)
simulink_step2_R13SP1.mdl(R13SP1 以降のバージョン用)
 (2'') 単位ステップ応答のシミュレーション ...... Simulink モデル:Simulink ブロック 'LTI System' を利用 (p.66)
simulink_step3_R2010b.mdl(R2010b 以降のバージョン用)
simulink_step3_R2007b.mdl(R2007b 以降のバージョン用)
simulink_step3_R13SP1.mdl(R13SP1 以降のバージョン用)

 (3) シミュレーション結果の表示 ...... M ファイル plot_data.m (p.59)
plot(t,y);
grid;
xlabel('t [s]');
ylabel('y(t)');


 実行結果

 (1) 制御対象の状態空間表現の定義と初期状態 x(0) = 0 の設定
>> plant
>> x0 = [ 0  0 ]';
 (2) シミュレーション開始
    もしくは
    もしくは
>> sim('simulink_step_R2010b')
 (3) シミュレーション結果の表示
>> plot_data