4.4.1 可制御性


 問題 4.1 (1):関数 "ctrb" により可制御行列 Vc を生成し,関数 "rank" もしくは関数 "det" により可制御性を判別
>> A = [0 1; -2 -3];
>> B = [1; 0];
>> Vc = ctrb(A,B)
Vc =
     1     0
     0    -2
>> rank(Vc)
ans =
     2
>> det(Vc)
ans =
    -2
 問題 4.2 (2):関数 "ctrb" により可制御行列 Vc を生成し,関数 "rank" により可制御性を判別
>> A = [0 1 1; -2 -3 1; 1 0 0];
>> B = [0 1; 1 0; 0 0];
>> Vc = ctrb(A,B)
Vc =
     0     1     1     0    -3    -1
     1     0    -3    -2     7     7
     0     0     0     1     1     0
>> rank(Vc)
ans =
     3