将 棋






since 1 April 2007]


[since 1 September 1997]


王将戦第1局は豊島将之八段が先勝!       

BS生中継のリハーサル,井上慶太八段と稲葉 陽六段の師弟コンビ!内藤國雄九段の名調子!内藤國雄九段と谷川浩司九段の豪華解説!投了図.この図が示されて,しばらくして羽生善治王位が投了! △2二金も▲同龍△同玉▲2三銀△1三玉▲1二銀成△同玉▲2三金までの詰み.詰め将棋の有名な手筋が出現した.

【第70期名人戦7番勝負第5局第2日,ウエスティン都ホテル京都(京都市東山区)】


BS生中継のリハーサル,佐藤康光九段がにっこり!BS生中継久保利明王将が登場!谷川浩司九段と阿部 隆八段の豪華解説!

【第67期名人戦7番勝負第6局第2日,東本願寺渉成園(京都市下京区)】


一歩千金!
歴代名人
コラム
タイトル戦速報
第75期A級順位戦
全国高等専門学校将棋大会
将棋同好会・活動状況




◆A級順位戦最終局

将棋界の一番長い日,A級順位戦の最終局が3月2日(木)に行われ,B級1組への陥落が中原誠永世十段と郷田真隆八段に決まった.一方,名人挑戦の方は,丸山八段が郷田八段に快勝して,8勝1敗で挑戦権を獲得し,郷田とは明暗を分けた.

中原誠永世十段−加藤一二三九段戦が最も早く決着がついた.負けた中原はプレッシャーから開放されたのか,予想外にさばさばした表情.報道陣の「引退は?」の質問に,「ずっと危なかったから.まだ,引退はしません.来期はB1で指します.まだ若いから.とにかく,秋に負けすぎましたね.・・・・・,また追っかけられてもたいへんだしね.」と答えた.中原の捲土重来を期待したい.そして,往年の中原将棋が見たい.中原には,やはり名人戦の檜舞台こそふさわしい.
一方,絶好調の丸山は郷田を寄せつけず,ダントツで名人挑戦権を獲得.佐藤康光名人との好局が期待される.4月11日からの名人戦が待ち遠しい.
それから,田中寅彦九段が穴熊らしい指し回しで森内俊之八段に勝ち,残留を決めたのはうれしい.

(2000年3月5日,Opinion 2000



◆A級順位戦雑感

A級順位戦の最終局が3月2日(木)に行われる.約150人のプロ棋士の中で,羽生善治四冠をはじめ,わずか10人しかいないトップクラス.名人以外のタイトルは四段でも獲得できるが,名人はA級八段になって,なおかつリーグ戦をトップで終えないと名人位に挑戦すらできない.これがA級の権威であり,米長邦雄九段が一昨年の最終局後(加藤一二三九段に勝ったが,B1に陥落)にフリークラスに転出の意向を示したのも十分に理解できる.米長がB級1組で指すことは,元名人のプライドが許さなかったのだろう.ファンとしては,”米長名人”が再び誕生する可能性がなくなり,非常に残念である.
ところで,A級順位戦の最終局当日は,「将棋界の一番長い日」であり,数年前からNHK衛星放送で中継されている.名人挑戦者は,丸山八段と森内八段の2人に絞られている.もし,羽生四冠が挑戦者になっていれば,最近の佐藤名人とのタイトル戦の状況から見て”羽生名人”が誕生する可能性は極めて高い.しかし,羽生は挑戦者になれなかったのだ.やはり鬼の住処.挑戦者争いはもちろん興味深いが,それ以上に2名の陥落者が誰になるかに興味がある.

勝ちか負け.客観的な基準がはっきりしていて明快な将棋が好きだ.第三者から見た基準が極めてあいまいで不透明に物事が決定されているどこかの世界とは大違いだ.以前は八段はA級棋士である(あるいは,であった)証明であったが,七段に昇段後,***勝で八段昇段という類の,規定が設けられ,”にせ八段”が量産され始めた.しかし,将棋ファンは本物の八段は誰かを知っている.毎日新聞のA級順位戦の棋譜には,毎朝目を通すが,やはり一流の将棋は光っている.明らかに他の棋戦とは一線を画している.今朝の将棋欄で,中原誠の出身地は宮城県ということになっているが,正しくは鳥取県出身ですよ.観戦記者の山村さん! 一般には,幼いときに塩釜に引っ越したので,”宮城県出身”となっているようだが.
中原誠永世十段は陥落の危険性が高い.最終戦に勝っても他力である.しかも,中原の対戦相手は,因縁浅からぬ加藤一二三九段だ.遙か昔の名人戦の死闘が思い出される.もし,陥落した場合は身の振り方が注目される.十六世名人がB1で指すのか.米長の実績もすごいが,中原の実績は,あの大山康晴十五世名人をも凌いでいるのだ.プライベートな面では,以前に林葉直子元女流名人との不倫問題で,自宅でわざわざ記者会見をして醜態をさらした中原だが,今度はどうか.少し前に週刊誌に米長のスキャンダルが浮上したが,米長は柳に風と受け流したようだ.大山十五世名人にも陥落かというときがあったが,凌いでいる.中原の場合はフリークラス転出もできないし,”引退”が妥当な選択になるだろう.「中原にはまだ引退して欲しくない」が正直な気持ちだ.今年の3月2日はじっくりと衛星放送を見ていたいが・・・・・.

(2000年2月24日,Opinion 2000











タイトル戦速報







第30期竜王戦七番勝負第5局


羽生善治棋聖が制し,4勝1敗で竜王位を奪取!

第5局が12月4日午前9時から鹿児島県指宿市の「指宿白水館」で始まっていたが,5日午後4時23分,87手で渡辺 明竜王が投了.羽生善治棋聖が勝って,4勝1敗で竜王位を獲得,通算7期で永世竜王の有資格者となった.同時に前人未到の永世七冠の偉業を達成した!

くわしくはこちら






第67期王将戦七番勝負第1局


豊島将之八段が先勝!

第1局が1月7日午前9時から静岡県掛川市の「掛川城二の丸茶室」で始まっていたが,8日午後1時57分,88手で久保利明王将が投了.豊島将之八段が幸先よく1勝を挙げた.
第2局は1月27,28日に佐賀県三養基郡の「大幸園」で行われる.

くわしくはこちら




第58期王位戦七番勝負第5局


菅井竜也七段が制し,4勝1敗で王位を奪取!

第5局が8月29日午前9時から徳島市の「渭水苑」で始まっていたが,30日午後3時8分,108手で羽生善治王位が投了.菅井竜也七段が勝って,4勝1敗で王位を奪取した.

くわしくはこちら




第43期棋王戦五番勝負第1局


永瀬拓矢七段が渡辺 明棋王への挑戦権を獲得!

第43期棋王戦挑戦者決定二番勝負第2局は,12月27日午前9時から東京都渋谷区千駄ヶ谷の「将棋会館」で始まっていたが,午後7時25分,104手で黒沢怜生五段が投了.永瀬拓矢七段が勝って,渡辺 明棋王への挑戦権を獲得した.
五番勝負第1局は2月12日に宇都宮市の「宇都宮グランドホテル」で行われる.

くわしくはこちら




第65期王座戦五番勝負第4局


中村太地六段が制し,3勝1敗で王座を奪取!

第4局が10月11日午前9時から横浜市の「横浜ロイヤルパークホテル」で始まっていたが,午後8時36分,80手で羽生善治王座が投了.中村太地六段が3勝1敗で王座を奪取した.

くわしくはこちら




第88期棋聖戦五番勝負第4局


羽生善治棋聖が制し,棋聖位を防衛!

第4局が7月11日午前9時から新潟市の「高島屋」で始まっていたが,午後7時23分,127手で斎藤慎太郎七段が投了.羽生善治棋聖が勝って,3勝1敗で棋聖位を防衛した.

くわしくはこちら





第75期名人戦七番勝負第6局


佐藤天彦名人が制し,名人位を初防衛!

第6局が6月5日午前9時から山梨県甲府市「常磐ホテル」で始まっていたが,6日午後8時19分,112手で稲葉 陽八段が投了.佐藤天彦名人が勝って,4勝2敗で名人位を初防衛した.

くわしくはこちら





第76期A級順位戦


9回戦始まる!  

くわしくはこちら

〇稲葉 陽八段[5勝4敗]・●久保利明王将[5勝3敗]【1月12日】
○佐藤康光九段[5勝3敗]・●羽生善治竜王[5勝4敗]【1月11日】

〇久保利明王将[5勝2敗]・●広瀬章人八段[3勝4敗]【12月22日】
〇稲葉 陽八段[4勝4敗]・●羽生善治竜王[5勝3敗]【12月21日】
○三浦弘行九段[3勝4敗]・●屋敷伸之九段[2勝5敗]【12月21日】
〇渡辺 明棋王[4勝4敗]・●豊島将之八段[5勝2敗]【12月15日】
○佐藤康光九段[4勝3敗]・●深浦康市九段[3勝4敗]【12月14日】

〇久保利明王将[4勝2敗]・●豊島将之八段[5勝1敗]【12月8日】
○深浦康市九段[3勝3敗]・●行方尚史八段[2勝5敗]【12月1日】
〇屋敷伸之九段[2勝4敗]・●広瀬章人八段[3勝3敗]【12月1日】
〇羽生善治棋聖[5勝2敗]・●渡辺 明竜王[3勝4敗]【11月29日】
〇稲葉 陽八段[3勝4敗]・●三浦弘行九段[2勝4敗]【11月22日】

○豊島将之八段[5勝]・●深浦康市九段[2勝3敗]【11月16日】
〇渡辺 明竜王[3勝3敗]・●行方尚史八段[2勝4敗]【11月10日】
〇久保利明王将[3勝2敗]・●屋敷伸之九段[1勝4敗]【11月9日】
〇羽生善治棋聖[4勝2敗]・●三浦弘行九段[2勝3敗]【11月8日】
○佐藤康光九段[3勝3敗]・●稲葉 陽八段[2勝4敗]【10月11日】

〇羽生善治棋聖[3勝2敗]・●深浦康市九段[2勝2敗]【10月26日】
○行方尚史八段[2勝3敗]・●屋敷伸之九段[1勝3敗]【10月25日】
○広瀬章人八段[3勝2敗]・●渡辺 明竜王[2勝3敗]【10月11日】
○豊島将之八段[4勝]・●稲葉 陽八段[2勝3敗]【9月22日】
○佐藤康光九段[2勝3敗]・●久保利明王将[2勝2敗]【9月13日】

○深浦康市九段[2勝1敗]・●屋敷伸之九段[1勝2敗]【9月22日】
○広瀬章人八段[2勝2敗]・●三浦弘行九段[2勝2敗]【9月22日】
○行方尚史八段[1勝3敗]・●羽生善治王座[2勝2敗]【9月15日】
○渡辺 明竜王[2勝2敗]・●稲葉 陽八段[2勝2敗]【9月8日】
○豊島将之八段[3勝]・●佐藤康光九段[1勝3敗]【8月29日】

○三浦弘行九段[2勝1敗]・●行方尚史八段[3敗]【9月1日】
○屋敷伸之九段[1勝1敗]・●渡辺 明竜王[1勝2敗]【8月29日】
○羽生善治王位[2勝1敗]・●久保利明王将[2勝1敗]【8月17日】
○稲葉 陽八段[2勝1敗]・●深浦康市九段[1勝1敗]【8月10日】
○佐藤康光九段[1勝2敗]・●広瀬章人八段[1勝2敗]【7月28日】

○豊島将之八段[2勝]・●羽生善治王位[1勝1敗]【7月21日】
○広瀬章人八段[1勝1敗]・●稲葉 陽八段[1勝1敗]【7月19日】
○久保利明王将[2勝]・●行方尚史八段[2敗]【7月12日】
○三浦弘行九段[1勝1敗]・●佐藤康光九段[2敗]【7月7日】
○深浦康市九段[1勝]・●渡辺 明竜王[1勝1敗]【7月5日】

○稲葉 陽八段[1勝]・●屋敷伸之九段[1敗]【6月23日】
○豊島将之八段[1勝]・●行方尚史八段[1敗]【6月23日】
○渡辺 明竜王[1勝]・●佐藤康光九段[1敗]【6月9日】
○羽生善治王位[1勝]・●広瀬章人八段[1敗]【6月9日】
○久保利明王将[1勝]・●三浦弘行九段[1敗]【6月8日】



2016年度第75期A級順位戦結果

2015年度第74期A級順位戦結果

2014年度第73期A級順位戦結果

2013年度第72期A級順位戦結果

2012年度第71期A級順位戦結果

2011年度第70期A級順位戦結果

2010年度第69期A級順位戦結果

2009年度第68期A級順位戦結果

2008年度第67期A級順位戦結果

2007年度第66期A級順位戦結果

2006年度第65期A級順位戦結果

2005年度第64期A級順位戦結果

2004年度第63期A級順位戦結果

2003年度第62期A級順位戦結果

2002年度第61期A級順位戦結果

2001年度第60期A級順位戦結果

2000年度第59期A級順位戦結果

1999年度第58期A級順位戦結果

1998年度第57期A級順位戦結果

1997年度第56期A級順位戦結果








購 読 雑 誌

将棋世界,詰将棋パラダイス,







全国高等専門学校将棋大会


第11回大会(2004年)

第5回大会(1998年)

第4回大会(1997年)






歴代名人






リンク


日本将棋連盟 

銘駒図鑑

詰将棋パラダイス






Page Last Updated 13 January 2018

Copyright (c) 1996, 2018
M. NOMA
All Rights Reserved.