第4回全国高等専門学校将棋大会

米長邦雄九段の実兄,米長泰氏[秋田高専環境都市工学科教授]の肝入りで始まった第4回全国高等専門学校将棋大会(参加17校,115名)が1997年8月19日(火)〜21日(木)に静岡県御殿場市国立中央青年の家で開催された。
天候は曇りで,残念ながら富士山は眺めず。
審判長は菊田裕司元アマ名人[リコー将棋部],ゲストは船戸陽子女流プロ初段。
舞鶴高専からは野間正泰教官の付添で学生5名(2年生3名,1年生2名)が参加した。
団体戦はA,Bとも敗退。個人戦は2名が決勝トーナメントへ進出したが,1回戦敗退。
力不足を実感。

米長 泰先生(秋田高専)の挨拶

舞鶴高専学生の対局風景

リレー将棋,後手野間5七歩!

第4回全国高等専門学校将棋大会

塚本武彦先生(豊田高専顧問),野間正泰(舞鶴高専顧問)