舞鶴高専 学生会


学生会規約

第1章 総則

第1条 本会は、舞鶴工業高等専門学校学生会と称する。

第2条 本会は、学校の指導の下に学生の自主的な活動を通して人間形成を促し、学生生活を豊かにすることを目的とする。

第3条 本会は、舞鶴工業高等専門学校本科学生全員をもって構成され、本科学生は、入学と同時に本会の会員となるものとする。

第4条 本会は、第2条の目的を達成するために次の諸活動を行う。
  (1) 会員の文化教養を向上させる活動
  (2) 会員の健康を保持、増進させる保健体育的活動
  (3) 会員の福利や厚生を促進させる活動
  (4) 校風、校紀を向上させ、振興する活動
  (5) 会員相互の親睦、融和を図る活動
  (6) 学校行事への協力や積極的参加を図る活動
  (7) その他本会の目的達成に必要な諸活動

第5条 本会には、指導教員を置く。

第6条 会員は、すべて会費を納入しなければならない。

第7条 規約の制定、規約の改正、毎年度活動計画、収支予算、決済等すべての議決事項については、校長の承認を受け、また、活動報告書及び収支決裁書を提出するものとする。

第2章 組織

第8条 本会の目的達成のため、次の組織を置く。
  (1) 総会、評議会、各部連絡会
  (2) 本部、各部、各クラブ、各委員会
  (3) 会計監査
  (4) 選挙管理委員会

第9条 本会本部に次の役員を置く。
  会長 1名
  副会長2名
  書記 若干名
  会計 若干名
  広報 若干名
  事務 若干名
  2. 会長、副会長の選出は会員の公選により、書記、会計、広報及び事務は評議会の認証を経て会長が委嘱する。ただし、副会長の選出は、現4年生及び他の学年の学生より各1名とする。

第10条 本部は、総会の議決事項を執行しその任務を次のように定める。
  (1) 会長は、学生会を代表し会務を総括する。
  (2) 副会長は、会長を補佐し会長に事故あるときは、その任務を代行する。
  (3) 書記は、総会の議事録を作成するとともに、記録書類の整備保管に当たる。
  (4) 会計は、予算、決済そのほか会計に関する一般事務を取り扱う。
  (5) 広報は、学校内の広報活動及び他高専との情報交換をする。
  (6) 事務は、前各号に掲げる以外の事務一般を取り扱う。

第11条 本部役員の任期は、原則として毎年1月に始まり12月に終わる。

第12条 総会は本会の最高議決機関であり、会員は出席する義務を負う。

第13条 定期総会は、年2回とし、5月と11月に開催する。なお11月の総会時に次期役員の選挙演説を行う。

第14条 臨時総会は、次の場合開くことができる。
  (1) 評議員の3分の2以上が必要と認めたとき
  (2) 会員の2分の1が必要と認めたとき
  (3) 会長が必要と認めたとき

第15条 総会は、会長が招集し、議題の公示は5日前に行わなければならない。

第16条 総会は、会員の2分の1以上の出席により成立する。

第17条 総会の議長、副議長は、その年度最初の総会において互選する。

第18条 総会の議決は、出席会員の過半数をもって成立し、賛否同数のときは、議長が決する。

第19条 評議会は各クラスの代表者各2名をもって構成する。

第20条 評議会に、委員長、副委員長、書記を置き、その年度最初の評議会において互選する。

第21条 評議会は、学生会の運営に関する重要事項を審議決定し、その任務を次のように定める。
  (1) 委員長は、評議会を代表し評議会を召集する。また、評議会議長を兼任する。
  (2) 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、これを代行する。
  (3) 書記は、評議会の議事録を作成し、記録書類の整備保管に当たる。

第22条 削除

第23条 評議会は、原則として毎月1回開くものとする。

第24条 前条の規定にかかわらず、会長の要請があるときは、臨時に評議会を開くことができる。

第25条 定例評議会は、3日前に期日、場所、議題を公示しなければならない。

第26条 評議会は、前評議員の3分の2以上の出席によって成立する。

第27条 評議会の議決は、出席評議員の過半数を持って成立し、賛否同数のときは、議長が決する。

第28条 本会の目的達成のため、部活動を行う。

第29条 部はこれをわけて、総務部、クラブ活動部とし、さらにこれを各委員会、クラブに分ける。

第30条 部に部長、副部長各2名を置き、委員会、クラブに各委員長、クラブ長を置く。

第31条 部長、副部長は、各委員長、クラブ長の互選とする。

第32条 部長、副部長及び各委員長の任期は、原則として毎年4月に始まり翌年3月に終る。

第33条 部長は、部の最高責任者であり、各委員会、クラブを総括し、本部役員として事務に参加し連絡調整を行う。

第34条 部長は、各委員会、クラブ相互間の調整連絡のため、適宜連絡会を主催するものとする。

第35条 各委員長、クラブ長は、各委員会、クラブ及び同好会を代表して部員として加盟しなければならない。
  2 各委員長、クラブ長は、部主催の部会に出席し、各委員会、クラブ相互間の連絡に当たる。

第36条 各委員会の新設、合併及び廃止は、評議会の議決を得て総会の認証を要する。
  2 新たにクラブを設立しようとするときは、10人以上の発起人を必要とし、その設立要望書に連盟して、これを学生会クラブ活動部に提出し、総会の承認を要する。
  3 同好会の新設、廃止は、クラブ活動部に届出を要する。
  4 評議会において次の事項に該当すると認められた場合、クラブは活動停止を命じられ、一切の行為を禁止される。
  (1) クラブの目的に反し、義務を怠ったとき。
  (2) 部員が著しく減少し、競技可能人数を保てなくなったとき。
  (3) その他相当と認められる理由があったとき。
  (5) 活動を停止したクラブに対して、評議会は、正当な理由があればその停止を解くことができる。
  (6) 活動停止期間が1年を超えたクラブについては、廃止の是非をクラブ活動部で検討しなければならない。また廃止するときは、総会の承認を要する。

第3章 会計予算・決済・活動計画

第37条 本会の予算案及び活動計画は、本部が作成して総会の承認を要する。ただし、クラブ予算案においては、クラブ活動部及び本部が合同で作成し、総会の承認を要する。
  2 クラブ予算案の作成及び承認されたクラブ予算を使用する場合は、次のことを守らなければならない。
  (1) 繰越金の使用を禁ずる。
  (2) 予算請求品目以外の物品を購入することは、原則として認めない。ただし、クラブ活動部で許可された場合を除く。
  (3) 予算請求品目以外、または予算額を上回る物品を購入する場合は実費とする。
第38条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。

第39条 本会の会費は、年額6,000円とし、4月、10月に分納する。

第40条 本会に入会するときは、前条に定めた会費のほかに入会金2,500円を納入しなければならない。

第41条 いったん納入した会費及び入会金は返還しない。吹く学者は、復学時が前期の場合は全額、後期の場合は半額納入とする。

第42条 本会の会計は、定期総会において決算報告しなければならない。

第43条 本会の会計は、評議会が要求したときは、中間報告をしなければならない。

第4章 会計監査

第44条 会計監査は、本会のすべての会計経理を監査する権利及び義務を要し、必要事項を評議会及び総会に報告する。

第45条 前条目的達成のため、必要なときは、いづれの組織に対しても、その指示する書類を提出させることができる。

第46条 会計監査は4名とし、4学年の各クラスから1名ずつ選出する。

第5章 選挙管理委員会

第47条 選挙管理委員会(以下「選管会」という。)は、選挙の監理及び運営を行う。

第48条 選挙管理委員(以下「選管委」という。)は、各クラスから1名ずつ選出する。

第49条 選管委の任期は、毎年4月に始まり翌年3月に終わる。

第50条 選管会の任務は次の通りとする。
  (1) 選挙の公示及び立候補者の受付
  (2) 投票日までに立会演説会を実施
  (3) 投票及び開票ならびに結果の公表
  (4) その他選挙の管理、運営に必要な事項

第51条 選管委は、立候補者並びに、応援演説者になることができない。

第52条 開票は、投票日に選管委が行い、これを公表しなければならない。

第53条 選挙権は、全会員が有し、被選挙権は4年生以下の会員が有する。

第6章 規約の改正

第54条 会員の3分の1以上、また評議会の2分の1以上の要求があったときは、規約の改正または設定を審議するための総会を開かなければならない。総会参加者の過半数の賛成により規約を改正することができる。

第55条 本規約に付随する細則の決定及び改正は、評議会の決定による。

 附 則

本規約は、昭和40年4月26日より実施する。

(略)

 附 則

本規約は、平成15年11月1日より実施する。