舞鶴高専 学生会


会計局

会計局では、学生会費の使い道を決めたり、学生会費の管理を行っています。

活動報告
  • 平成26年度会計報告をしました。詳しくは各教室に貼ってあります。
  • マニュアル,昨年度決算,今年度予算を更新しました。

会計資料

平成20年度学生会会計マニュアル

学生会会計局

はじめに
皆さんが使用する学生会予算は、全学生一人一人から集められた学生会費で構成されています。
各団体に予算割り振りがしてありますが、各団体の予算という意識の前に、全学生・学生会全体のお金であるという意識をもって下さい。各団体には予算を使用する権利を与えられていますが、同様に予算を正しく公正に使用する義務と責任を負っています。
不正はもちろんのこと、浪費や予算使用の放棄などが無いよう、気を付けて下さい。
より良い学生会活動とさらなる発展の為に、学生会予算が使用されるよう協力をお願いします。
最後に、今回マニュアルの作成が遅れたことをお詫びいたします。

1、会計運営にあたって

今年度の学生会会計は、上坂直輝
                濱本侑希子
が運営しています。よろしくお願い致します。
各団体の会計担当者の方々には以下のことをお願いします。
  • 会計会議への出席
  • 書類の提出期限厳守
  • 会議内容、決定事項のクラブ顧問、部員への伝達
責任を持って各団体の会計業務を行って下さい。

2、予算執行の流れ

予算執行は大まかに以下の流れで行われます。
@ 請  求各団体→会計
A 審  査会計
B 確  認学生会長
C 支出依頼会計→学生係
D 資金受領学生係→会計
E 資金引渡会計→各団体
F 予算使用各団体
G 精算・残金引渡各団体→会計
H 精  査会計
I 確  認学生会長
J 残金引渡会計→学生係

3、請求の手続き
 予算を使用する場合、請求書を書くことになります。請求には「学生会会費請求書」を学生係まで取りに行って下さい。請求書に必要事項を記入の上、学生会会計に提出することで、予算の請求を行うことができます。
 内訳項目が極端に多い場合、パソコンに同様の項目を設けたものを印刷・添付しても構いません。その場合は摘要の欄に別途参照の旨を記入するようにして下さい。平成20年度1月末までに請求書を提出してください。それ以降は受け付けないので注意してください。
学生会会費請求書例(PDFファイル)
学生会会費請求書(PDFファイル)

4、積立の手続き
 購入予定品が1年分の予算で購入できない高価なものの場合、予算を次年度に積み立てることが可能です。積立には「学生会会費積立申請書」を学生係までとりに行って下さい。
 申請書に必要事項を記入の上、学生会会計に提出することで、予算を積み立てることができます。ただし、申請書を提出することで必ずしも積み立てが許可される訳ではありません。学生会長及び会計局長、課外活動クラブ長に許可されたときのみです。また、積み立てられた予算を購入予定品以外のものに使用することは出来ません。
 平成20年度1月末までに申請書を提出してください。それ以降は受け付けないので注意してください。
学生会会費積立申請書例(PDFファイル)
学生会会費積立申請書(PDFファイル)

5、領収書について  学生会会費が不当に使用されていないのをしめす為、必ず領収書を貰ってください。
 但し書きは基本的に請求書の摘要と一致させます。「お品代」「備品代」などは不可です。購入したものが分からない領収書は精算を認めません。購入品が単種類単品以外は必ず明細書(レシート)を貰って下さい。
 平成20年度の3月31日までに領収書の提出がなかった場合は、責任者氏名に印を押した者に資金を支払ってもらうので注意して下さい。

6、クラブ費の減額について
 総会出席によるクラブ費の減額は行いません。
 会計会議等の不参加によるクラブ費の減額はこれまで同様に行います。

7、意見・疑問について
 会計業務上、意見や疑問、要望などがありましたら学生会会計までご相談ください。可能な限り対処いたします。

会計予算案

 本年度からの会計予算案はPDF形式でアップロードすることにしました。
平成20年度予算案(PDFファイル)
平成19年度決算(PDFファイル)
昨年の予算案については、以下をクリックすると、表示されます。
平成19年度学生会予算案
収入の部
項目本年度予算額前年度予算額増減額備考
学生会費\5,411,500\5,220,000\191,500入会金\2,500,\3,000×2回
昨年度繰越金\1,409,222\1,089,700\319,522
合計\6,820,722\6,309,700\511,022

支出の部
項目本年度予算額前年度予算額増減額備考
本部経費\150,000\210,000\ - 60,000
(事務費)\30,000\60,000\ - 30,000
(交流会費)\120,000\150,000\ - 30,000交流会参加費
委員会費\163,000\163,000\0
(図書)\100,000\100,000\0まひつる制作費
(体育)\50,000\50,000\0球技大会運営費
(文化)\5,000\5,000\0
(生活)\5,000\5,000\0
(選管)\3,000\3,000\0
特別経費\2,800,000\2,600,000\200,000
(高専祭費)\2,600,000\2,600,000\0
(体育祭費)\200,000\50,000\150,000
クラブ費\2,828,512\2,502,420326,092※詳細は下記参照
予備費\200,000\524,280\ - 324,280
合計\6,141,512\5,999,700\141,812

平成19年度クラブ費予算案
クラブ名本年度予算額前年度予算額増減額
陸上\150,000\135,000\15,000
男子バスケット\76,512\112,000\ - 35,488
女子バスケット\40,000\36,400\3,600
男子バレーボール\76,000\75,300\700
女子バレーボール\20,000\38,600\ - 18,600
ソフトテニス\140,000\130,480\9,520
卓球\60,000\45,540\14,460
柔道\160,000\132,000\28,000
剣道\120,000\12,000\0
サッカー\90,000\85,000\5,000
硬式野球\200,000\200,000\0
ハンドボール\100,000\90,000\10,000
バドミントン\170,000\157,000\13,000
水泳\75,000\90,000\ - 15,000
硬式テニス\140,000\132,000\8,000
護身武術\40,000\38,600\1,400
空手\40,000\22,500\17,500
ローイング\110,000\110,000\0
弓道\90,000\85,000\5,000
吹奏楽\350,000\320,000\30,000
自動車\350,000\252,000\98,000
アマチュア無線\15,000\0\15,000
プロコン\0\0\0
創造技術研究会\150,000\95,000\55,000
合計\2,828,512\2,502,420\326,092

 ※ クラブ予算は、学生会会計局及び課外活動クラブが予算希望調査書を厳密に確認し、各クラブのバランスを配慮し決めた金額です。
質問等は学生総会、または、学生会の白いポストで受け取ります。