iMec-社会基盤メンテナンス教育センター-

活動日記

iMecの行事や講習会、日々の活動について紹介します

2018 4

2018.4.13.Fri.滋賀県メンテナンス技術者養成講座(滋賀県H30Vol.1)を開催しました

4月13日(金)から4月15日(日)の三日間にわたり、滋賀県メンテナンス技術者養成協議会主催の「滋賀県メンテナンス技術者養成講座」を開催しました。この講座はe+iMec講習会【基礎編(橋梁点検)】に基づいた内容で、滋賀県のインフラ設備のメンテナンスを担える人材を産官学の連携により育成することを目的としています。この度の講習会は(一社)滋賀県建設業協会所属の会員企業からの参加で、西村建設(株)、(株)大山建設、(株)明豊建設、(株)松浦組、鳥羽建設(株)、(株)千商、(株)三東工業社、山崎建設(有)、(株)奥田工務店、(株)AUCから計10名が受講しました。講習会では、一日目にiMecで全国各地から収集した橋梁の劣化部材を用いた体験型学修に加え、維持管理計画の立案演習を行いました。二日目は滋賀県内の橋梁での現場実習、三日目にiMecで非破壊検査の実習を行いました。受講者からは、eラーニングについて、講習内容の予習をする機会を与えられ、授業の理解度が上がった、講習会については、維持管理計画演習で自分の頭で考えることで橋への関心や理解が深まった等の感想がありました。

ページトップへ