iMec-社会基盤メンテナンス教育センター-

活動日記

iMecの行事や講習会、日々の活動について紹介します

2016 3

2016.3.10.Thu.平成27年度文部科学省受託事業の成果報告を提出しました

今年度iMecでは、文部科学省から平成27年度「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業を受託し、京都府北部地域におけるアクティブ・ラーニングを基軸とした橋梁メンテナンス技術者育成カリキュラムの開発に取組んできました。今般、無事、文部科学省への事業成果報告を行うことができました。

本事業の実施にあたり、多くの方々から多大なご助力を賜りました。ここに記し、心より御礼申し上げます。

京都府北部橋梁メンテナンス推進協議会及び橋梁メンテナンス技術レベル検討委員会の委員の方々には、毎回の会議で闊達にご議論いただき、貴重なご意見をいただきました。特に、橋梁メンテナンス技術レベル検討委員会の石田雅博委員長(土木研究所CAESAR)には、議事の進行・とりまとめをいただき、事務局の力不足までフォローいただきました。

京都府中丹広域振興局、京都府丹後広域振興局、福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町には、京都府北部橋梁メンテナンス推進協議会へ委員を派遣いただき、また、所属の土木技術職員の方々に、ニーズ調査及び開発カリキュラムの試行及び実証・検証に参加いただきました。

(一社)京都府測量設計業協会及び宮津建設業協会には、京都府北部橋梁メンテナンス推進協議会へ委員をご推薦いただき、また、会員の方々には、ニーズ調査及び開発カリキュラムの試行及び実証・検証に参加いただきました。

国土交通省近畿地方整備局道路部には、橋梁メンテナンス技術レベル検討委員会に委員を派遣いただき、また、カリキュラム開発にあたりご指導と資料提供をいただきました。

(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部、(一社)日本橋梁建設協会、(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部には、橋梁メンテナンス技術レベル検討委員会へ委員をご推薦いただき、また、開発カリキュラムについて専門的かつ具体的なご意見をいただきました。

京都大学大学院工学研究科の河野広隆教授には、ご多忙の中で橋梁メンテナンス技術レベル検討委員会委員就任をご快諾いただき、また、開発カリキュラムについて専門的かつ具体的なご意見をいただきました。

5大学連携コンソーシアム構成員の岐阜大学、長崎大学、山口大学、愛媛大学、長岡技術科学大学には、技術者育成カリキュラムの開発ノウハウや前年度までの成果情報を提供いただきました。特に、岐阜大学工学部附属インフラマネジメント技術研究センターの沢田和秀教授、長崎大学大学院工学研究科インフラ長寿命化センターの森田千尋准教授には、格別なご指導をいただきました。

★平成27年度文部化科学省受託事業成果報告書はこちら★

ページトップへ