English

国立舞鶴工業高等専門学校 出前授業「石こうで立体コピー」

舞鶴市城南会館で出前授業を実施しました。

 平成25年8月20日(火)に舞鶴市城南会館で同会館主催による夏休み自由研究「石こうで立体コピー」の出前授業を行いました。指導は西山教授と補助学生2名が行いました。モノを作る色々な方法(削る、切る、曲げる、くっ付ける、型に入れて固めるなど)を学習したのち、石こうで手の形をつくる「石こうで立体コピー」に取り組みました。手の型を取る型取り材は液状から徐々に弾力性のある固体に変わっていきます。この間、手を入れた状態で数分間じっと待ち、型取り材がだいたい固まったら、ゆっくりと手を抜いて型の完成です。その型に石こうを流し入れ、1時間ほど待って、型取り材を取り除けば手のコピーの完成です。上手にできた作品は手の形だけでなくしっかりと指紋までコピーできていました。