English

国立舞鶴工業高等専門学校 出前講座『体験して学ぶ防災学習』

出前講座『体験して学ぶ防災学習』を実施しました。

 平成25年10月26日(土)に舞鶴市の城南会館ふれあいホールで、金山教授、加登准教授、上杉准教授、石川講師および本校学生4名による出前講座「体験して学ぶ防災学習」を実施しました。この講座では4つのテーマのブース展示に分かれて防災について体験して頂きました。ブースAでは、舞鶴市近郊の活断層の場所などを示した三次元の地形模型を使い地震に対する防災について学びました。ブースBでは、液状化を再現する装置を操作して、地震災害の現象について学びました。ブースCでは、霧箱や固体飛跡検出器による放射線の可視化実験を行い放射線がどのようなものなのかを学びました。ブースDでは線量計を使って城南会館周辺の空間線量マップの作成も行いました。この出前講座で参加者の皆さんが作成した空間線量マップはこちらで見ることができます。

 

 今回の出前講座では、各ブース展示での体験を通して防災について学習するとともに多くの質疑をいただき、災害に関する対応や備えについて意識を持つこともできたと思います。

 また11月23日(土)13:30からも同様の内容の出前講座を舞鶴市防災センター(舞鶴東消防署)にて行いますので、是非ともご参加下さい。詳細はこちら