English

国立舞鶴工業高等専門学校 平成26年度 iMec講習会(伏見工業高校)

京都市立伏見工業高校生を対象にiMec講習会を実施しました。

 8月22日(金)に、科学技術振興機構のSPP(サイエンス・パートナーシップ・プログラム)の連携事業として、京都市立伏見工業高校の生徒を対象にiMec講習会を実施し、システム工学科都市情報システムコースの二年生5名、三年生5名の計10名が参加しました。

 はじめに、地方自治体が管理する橋梁の現状と課題やコンクリート構造物について講義し、続いて“コンクリートDr.になろう!”と称し、各グループに分かれて実施する実物のコンクリート構造物の損傷探索、ハンマーを用いた打音検査等の体験型実習を実施した後、橋梁の実物劣化モデルを見学しながら、道路橋の三大損傷について学びました。最後に劣化状況の把握と長寿命化対策のための橋梁点検について、実例を用いて具体的に説明しました。講義終了後には、参加した生徒全員に修了証を授与しました。

 京都市立伏見工業高校からは、先端的な施設設備による体験学習や講義により、橋梁やコンクリート構造物に関する幅広い知識と技術を習得するとともに、実践的な能力を身につけることができ、また、今後の学習意欲の向上や自己のキャリアプランに結びつけることができた、と感想をいただきました。

 

 社会基盤メンテナンス教育センター(iMec)のページはこちら