English

国立舞鶴工業高等専門学校 高専ロボコン2014 近畿地区大会

『高専ロボコン2014』13回目の全国大会出場が決定しました。

 10月26日(日)、高砂市総合体育館において、アイデア対決全国高等専門学校ロボットコンテスト2014近畿地区大会が開催されました。本校からは、創造技術研究会が製作した2つのロボット、Aチーム「駕鶴」(ガカク)とBチーム「蕎麦ッ渡鶴ッ翔」(ソバットツルット)が出場しました。

 本年度の競技課題は『出前迅速』、ロボットによる「出前」です。赤・青2チームに分かれて対戦します。フィールドで戦うのは各チーム1台の出前ロボットと3人の高専生(注文人・店主・操縦者)です。出前ロボットは、お盆に高く積み上げられた蕎麦(そば)の蒸籠(せいろ)を、3つの障害物(スラローム・角材・傾斜)を乗り越えて運びます。競技時間3分間で、 少しでも多くの蒸籠を出前したチームが勝利となります。

 本校の2チームは、2回戦で敗退したものの、Aチームは他に類を見ない独創的なアイデアを実現させたチームに贈られる「アイデア賞」とインターネットによるライブストリーミングを視聴している方からの投票によって決まる「出前迅速賞」を受賞、またBチームは、協賛団体から贈られる「特別賞(マブチモータ株式会社)」を受賞しました。

 さらに、Aチームは、審査員推薦を受けて、11月23日(日)に両国国技館(東京都・墨田区)で開催される全国大会への出場が決まりました。全国大会に向けて学生たちへのさらなる激励と支援を賜りたくなにとぞよろしくお願いします。

 なお、近畿地区大会の模様は、11月16日(日)午前11:00~11:54 NHK総合テレビで放映されます。