English

国立舞鶴工業高等専門学校 公開講座 ナノテクノロジー

公開講座『ナノテクノロジー』を実施しました。

 平成27年2月22日(日)に舞鶴高専地域共同テクノセンターにて、大学COC事業による公開講座「ナノテクノロジー」を実施しました。13:00~と15:00~の2回に分けて小中学生対象に行いました。清原准教授がナノテクノロジーについてナノの単位とナノテクノロジーの提唱者は日本人であることを説明し、石川准教授の指導の下、アルミニウム薄膜でアクリルミラー作りを行いました。内海准教授が真空に関する実験を行い、本校学生が光学顕微鏡と電子顕微鏡を用いて目で見ることができない小さなモノの観察と小さな加工をするためのプロセスの説明をしました。実際に作製した花粉とほぼ同じサイズ30μmのマイクロギヤを観察しました。小中学生はナノの世界を短時間で体験することができたようです。

 ナノテクノロジーによって、従来の常識を超えた新たな新素材などが見出されつつあり、情報、医療などの分野で革新的な発展が期待されています。