English

国立舞鶴工業高等専門学校 平成28年度 はまっこ夜の市 公開講座「光であそぼう ~紫外線の効果~」

八島商店街の「はまっこ夜の市」で公開講座「光であそぼう ~紫外線の効果~」を実施しました。

 平成28年7月9日(土)、舞鶴市内の八島商店街で開催されたイベント「はまっこ夜の市」において、内海准教授による光のワークショップ「光であそぼう ~紫外線の効果~」を実施しました。場所は、商店街にある舞鶴工業高等専門学校のサテライトラボ「よろず」を使用しましたが、尾上研究室のクラフトワークショップ「まちをつくろう」が同じ場所で開催されていたこともあり、非常ににぎわいました。この公開講座は、光に関する工作や体験型展示を通して光の性質を知り、科学に親しんでもらうことを目的とするもので、今回は紫外線の効果を楽しみながら学習することのできる「紫外線チェッカー(紫外線ビーズストラップ)」の工作と、紫外線LEDと蓄光用紙を使った「光で落書き」の体験型展示を行いました。当日は72名の皆さんに工作や体験に参加して頂きました。以下は参加者の感想ですが、紫外線を当てるとビーズの色が変わることや、モノ作りに興味をもってもらえたようです。

  • 夏休みの工作の参考になりました。
  • 色が変わって楽しかった。
  • こまかくていねいにおしえてくれたのでわかりやすかったです。
  • 夏は日差しが強いので、その強さを子供と楽しむ工作が出来てたのしかったです。
  • 子供が楽しんで作れて良かったです。
  • 無料で楽しい体験ができ、とても有難かったです。ビーズ工作は実用的ですしうれしいです。

 八島商店街の「夜の市」は、今後さらに、7月16日、7月23日に開催されます。16日には光のワークショップ「光であそぼう」を週替わりの内容で実施し、23日には、防災について学ぶワークショップ「段ボールであそんで防災を学ぼう」を実施する予定です。