English

国立舞鶴工業高等専門学校 「高専ロボコン2016」2年ぶり14回目の全国大会出場決定

「高専ロボコン2016」2年ぶり14回目の全国大会出場決定

 「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト 2016近畿地区大会」が10月16日(日)神戸市立中央体育館で開催されました。

 競技課題は「ロボット・ニューフロンティア」、ロボットによる「新大陸開拓」です。競技は赤・青2チームに分かれて対戦形式で行ないます。フィールドには、港町、高台、海、島、新大陸、丘、シンボル置き場があり、海には自由に使えるツール「船」があります。

 各チームは高台に「灯台」を完成させ、「探検家」として海を越えて新大陸を目指します。新大陸を開拓した証として丘にブロックを積み上げ「砦」を築き上げます。積み上げたブロックの上に自作した「シンボル」を乗せれば「砦」の完成と認められます。競技時間3分で相手より高くブロックを丘に積み上げて、「シンボル」を上に置いたチームが勝利となります。

 舞鶴高専からは、Aチーム「鶴THE塔」(カクザトウ)とBチーム「先鶴者」(センカクシャ)の2チームが出場しました。

 Aチームは、1回戦近畿大学高専Bチーム、2回戦明石高専Aチーム、準決勝で奈良高専Bチームに勝利し、決勝戦進出となりました。決勝では奈良高専Aチームに敗れ準優勝となりましたが、審査員推薦により、近畿地区の代表3チームの一つとして、11月20日(日)に東京・両国の国技館で開催される全国大会への出場が決まりました。舞鶴高専としては、2年ぶり14回目の全国大会出場となりました。益々の応援よろしくお願いします。また、Bチームは1回戦で大阪府立大学高専Aチームに敗退しましたが、ユニークなアイデアが認められ特別賞(田中貴金属グループ)を受賞しました。

 近畿地区大会の模様は、11月13日(日)午前11:00~11:54 NHK総合テレビ(関西エリア)で放映予定です。是非ともご覧ください。