English

国立舞鶴工業高等専門学校 平成28年度 「中丹絆フェスタ」COC+事業による公開講座「防災について学ぼう」

「中丹絆フェスタ」でCOC+事業による公開講座「防災について学ぼう」を実施しました。

 平成28年11月13日(日)、赤れんがパークで開催された「中丹絆フェスタ」において、上杉准教授、加登准教授、金山教授と学生10名が、COC+事業による公開講座「防災について学ぼう」を実施しました。この公開講座は、防災に関する展示に加え、科学を利用したおもちゃ作り等を通して、防災や科学に関心を持ってもらうことを目的とするものです。今回は、災害に関する展示として、国家資格が無くても使用できるデジタル簡易無線を用いた災害時の通信手段に関する調査結果の展示と、災害時の避難所生活等を想定した段ボール家具の展示を行いました。また、工作として、段ボールキットを用いた工作や、振動で回るコマのおもちゃ作製を行ったほか、ミニショベルカーの操作体験も行いました。

 当日は、中丹絆フェスタに訪れた皆さんの内、100名以上の方に参加して頂き、約90名のお子さん達に工作に参加してもらうことができました。アンケートでは、「工作が苦手でも、分かり易く教えてもらえた」、「楽しく作れて勉強になった」等の感想を頂きました。