English

国立舞鶴工業高等専門学校 平成28年度 COC+事業 舞鶴時計

【COC+事業】「舞鶴時計」を作成・公開しました。

 「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)の一環として設置されている「現代日本の政治・経済と法II」では、舞鶴市(地域)に貢献できるプロジェクトを企画・実践しようとの目標のもと、半年間を通じて検討と準備を重ねてきました。

 その結果、5年電気情報工学科の学生4名、同建設システム工学科の学生1名、合わせて5名のグループが、「舞鶴時計」を作成・公開しました。

 

 ○ 舞鶴時計 http://maizuru-clock.mydns.jp/

  (2017年3月31日まで公開。6:00~20:00は1分ごとに画像が入れ替わります)

 

 「舞鶴時計」は、閲覧する方々に舞鶴の魅力を再認識してもらいたいとの思いで作成されました。学生が撮影して利用許可を得た舞鶴市内の風景画像を1分ごとに映し出すアプリで、1時間に12枚の画像をローテーションさせています。現在公開されているのはHTML版(上記URL参照)のみですが、合わせてAndroid、iOS対応アプリの開発にも取り組みました。

 今回は試験的運用にとどまりましたが、画像や情報を追加していくことで、より充実したコンテンツになり得る可能性を秘めた企画であったと思います。

 

 【以下、サンプル画像】