English

国立舞鶴工業高等専門学校 平成28年度 人権講演会

人権講演会を開催しました。

 1月30日(月)、舞鶴引揚記念館学芸員の長嶺睦様を講師に迎え、1年生を対象に、人権講演会「シベリア抑留と引揚港・舞鶴の果たした役割」を開催しました。

 シベリア抑留とは、終戦後、ソ連が日本人をシベリアへと強制連行し、過酷な労働を強いたことを指し、海外引き揚げとは、海外に取り残された日本人が苦難を乗り越えて日本へ引き揚げたことを指します。舞鶴市は引き揚げの地として深い関わりがあります。長嶺様は、当時の様子を説明するスライドを用いて分かりやすくお話されました。

 学生は長嶺様のお話を熱心に聞いて、「このような悲しい歴史を絶対に繰り返してはいけない」、「舞鶴引揚記念館に行って詳しく学びたい」などという感想を持ちました。中には、引揚者を出迎えた舞鶴の人々のあたたかさを知り、舞鶴に縁ができたことを誇りに思う学生もいました。