English

国立舞鶴工業高等専門学校 「高専ロボコン2017」2年連続15回目の全国大会出場決定

高専ロボコン2017 近畿地区大会 地元舞鶴での開催 2年連続15回目の全国大会出場決定

 アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2017近畿地区大会が10月22日(日)に本校が運営担当校として舞鶴文化公園体育館で開催されました。近畿地区の7高専14チームが熱戦を繰り広げました。

 今年の競技課題は「大江戸ロボット忍法帳」、2台のロボットが様々なアイデアを駆使し、相手の風船を割り合う競技です。ロボットに風船が5個ずつ、赤・青チームの本陣にそれぞれ10個ずつ風船が取り付けられています。相手チームの本陣、または相手ロボット2台のすべての風船を割ると勝利となります。

 舞鶴高専からは、Aチーム「鶴THE刀」(カクザトウ)とBチーム「不鶴定」(フカクテイ)の2チームが出場しました。

 Aチームは、1回戦で近畿大学高専Aチーム、2回戦で明石高専Bチームに快勝しましたが、準決勝で神戸高専Bチームにわずかなトラブルにより敗退しました。Bチームは、1回戦で奈良高専Aチーム(優勝チーム)に残念ながら惜敗しました。競技の様子はNHKのロボコンホームページ(http://www.nhk.or.jp/robocon/)で公開されています。なお、Aチームは審査員推薦により、近畿地区の代表3チームの一つとして、12月3日(日)に東京の有明コロシアムで開催される全国大会への出場が決まりました。舞鶴高専としては、2年連続15回目の全国大会出場となります。益々の応援よろしくお願いします。また、Bチームは特別賞(ローム)を受賞しました。

 近畿地区大会の様子は、11月23日(木・祝)午前10時05分よりNHK総合テレビ(関西エリア)で放映予定です。また、全国大会の様子は当日の午後3時05分~5時00分にNHK(総合・全国放送)にて生放送される予定です。是非ともご覧ください。