English

国立舞鶴工業高等専門学校 平成29年度 COC+事業 舞鶴時計

【COC+事業】「舞鶴時計」を更新・公開しました。

 「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)の一環として設置されている「現代日本の政治・経済と法II」では、舞鶴市(地域)に貢献できるプロジェクトの企画・実践に取り組んでいます。その取り組みの一環として、電気情報工学科5年の学生3名が、昨年度試作された「舞鶴時計」を改良し、このたび試験的な公開に漕ぎつけました。

 

 ○舞鶴時計 http://maizuru-clock.mydns.jp/

 

 「舞鶴時計」は、学生が撮影して利用許可を得た舞鶴市内のさまざまな風景画像を数分ごとに映し出すもので、閲覧者の皆さんに舞鶴の魅力を発見し、または思い起こしてもらいたいとの思いで作成されています。

 昨年度はAndroid、iOS対応アプリの開発に取り組みましたが、今回はHTML版(上記URL)に絞り込んだ上で、機能の充実を図りました。成果として、

 (1) 公開時間を24時間としたこと

 (2) 画像の位置情報とコメントを取得・表示できるようにしたこと

 (3) 位置情報をマップ上に表示できるようにしたこと

 などが挙げられます。学生には、今年度末まで、引き続き情報の更新や改良に従事してもらう予定です。

 よろしければ、PCでの作業の傍らに「舞鶴時計」をご覧いただき、四季折々の舞鶴の風景をご堪能ください。