社会基盤メンテナンス教育センター

image

作る インフラの整備

人々が生活するために必要な橋や道路、上下水道、住宅などを建設します。そんな仕事をするのが建設技術者の使命です。

image

明石海峡大橋:世界最長の吊橋

人、自転車、自動車、列車などが川や海、道路や鉄道を越えるときに使います。明石海峡大橋は塔と塔の間が1991mあって世界一です。

島と島を結んだり、国と国をつなぐ橋もあります。 関東大震災のときは、多くの橋が木造だったので橋が燃えてしまい、避難することができずに多くの人が亡くなりました。そのため、それからは燃えない鋼やコンクリートの橋をかけるようになりました。

阪神淡路大震災では、多くの道路橋や鉄道橋が壊れてしまい、日本の東西の物流を寸断してしまいました。現在では阪神淡路大震災のような地震が来ても大きく壊れないような対策をしています。

橋を作ることによって、行きたいところにひとまたぎで行けるようになります。

  • image

    舞鶴クレインブリッジ:斜張橋

  • image

    鳥取豊岡宮津自動車道の架設現場
    (鋼I桁橋)

  • image

    新名神高速道路の架設現場
    (PCバタフライウエブ橋)

トンネル

image

トンネル坑道(こうどう)入口

トンネルには、道路や鉄道が山の中を突き抜ける山岳(さんがく)トンネル、地下鉄などの都市トンネル、海や川の底を通る水底(すいてい)トンネルがあります。北海道と本州を結ぶ青函トンネルは海底の鉄道トンネルとして新幹線も通っていることで有名です。都市トンネルには、地下鉄以外に下水道のトンネルや洪水を防ぐために水を貯めるためのトンネルもあります。

トンネルを掘ることで遠回りをせずに山の向こう側に行けるようになります。

  • image

    トンネル切羽(きりは)

  • image

    舞鶴若狭自動車道のトンネル

  • image

    舞鶴市下水道用シールドマシンの
    カッターフェイス

道路

image

舞鶴若狭自動車道の工事現場

昔から人々が歩いたところが道となり、現在の道路のもとになっています。奈良時代の律令道路や江戸時代の五街道などがあります。現在では、一般国道や自動車専用道路などがあり、人や物の移動に欠かせないインフラです。道路を作るためには、山を切り取ったり、土を積み重ねたり、橋やトンネルも作っていきます。また、道路の表面は自動車などが走りやすく、凸凹(でこぼこ)にならないようにアスファルトやコンクリートで舗装されています。

新しい道路を作ったり、道路を広げることで渋滞が減ったり、災害のときの避難や救援物資の輸送がしやすくなります。

  • image

    鳥取豊岡宮津自動車道の工事現場

  • image

    鳥取豊岡宮津自動車道の工事現場

  • image

    ダム現場の工事用道路

鉄道

image

鉄道の駅(ポルト)

明治時代から建設が始まった鉄道は、多くの人や物を少ないエネルギーで運ぶことができるインフラです。鉄道は、路面電車やモノレール、地下鉄、在来線、新幹線、リニア新幹線などさまざまな種類があります。鉄道の方が道路より歴史があり、橋やトンネルなどの技術の積み重ねやメンテナンスの仕組みなどがしっかりとされています。

新しい鉄道や駅をつくることで、人々の暮らしや町の姿が変わります。

  • image

    路面電車(ポルト)

  • image

    沖縄モノレール

  • image

    モノレールの軌道

ダム

image

黒部第四ダム(アーチダム)

ダムには、農業に必要な水、飲み水、工業用水など人々の生活に必要な水を貯めたり、洪水を防いだり、発電するなどの役割があります.自然の地形を利用してダムを作りますが、それによって自然環境を大きく変えることになります。しかし、気候変動による水不足や豪雨への備えや水力発電のために、この先もダムは必要となります。

ダムを作ることで、人の生活に必要不可欠な水を貯めて利用することができます。

  • image

    九頭竜ダム(ロックフィルダム)

  • image

    黒部峡谷鉄道から見えるダム

  • image

    黒部峡谷鉄道から見えるダム

上水道

image

水道の管の敷設

安全で衛生的な飲み水が蛇口から出てくることが普通のこと、にするためには、水を確保し、綺麗にして、配管をとおして家庭まで届け続ける必要があります。ダムや堰(せき)、浄水場などの施設はもちろんのこと、いろんな大きさの水道管を敷設(ふせつ)していますが、これらが常に衛生的であることを監視しておかなければなりません。

上水道があるおかげで、人々は安心して暮らせます。外国には、水道水を直接飲むことのできない国も多くあります。

  • image

    浄水施設

  • image

    桂貯水池(舞鶴市)

  • image

    海軍鎮守府専用の
    桂貯水池堰堤(えんてい)

下水道

image

下水管の敷設

下水道は、雨水やみなさんが家庭で使った水、トイレで流した汚物を集めていろいろな施設や薬品を使って綺麗にしてから海や川に流します、みなさんの暮らしを健康で衛生的なものにするために欠かすことのできないインフラです、地震や災害で下水道が使えなくなると、衛生環境が悪くなり、病気や伝染病の危険性が高くなります。

下水道があるおかげで、清潔で健康的な生活をおくることができます。

  • image

    下水マンホール

  • image

    下水処理場

  • image

    浄化槽の設置

河川

image

増水時の河川の様子

川の中には、洪水を防いだり、川の水を利用するための施設がつくられています。堤防や段差工は台風や豪雨の時に川に集まった水があふれ出さないようにする施設です。堰(せき)は農業などに利用する水を川から取り出すための施設です。川の水は大切なものですが、洪水になってしまうと街や家を汚したり壊したりします。

川の水を上手にコントロールすることで洪水を防ぐことができているのです。

  • image

    農業用水用の堰

  • image

    由良川支流の堤防の整備

  • image

    由良川の堤防の整備

  • image

    由良川河口の護岸ブロック

Dr.MAMORUN

港湾

image

舞鶴国際埠頭

日本の貿易量(重さ)のうち99.7%が船によって運ばれています。また、漁業や国内の輸送のためにも港は非常に重要な施設です。大きな船が接岸できる岸壁やコンテナなどの荷物の積み下ろし施設を整備したり港の深さを確保する浚渫(しゅんせつ)をおこなうなど、港の機能を良くしたり保つことは大切です。

港を常に使える状態にしておくことは、貿易や漁業を行うための大切な第一歩です。

  • image

    消波ブロック

  • image

    国際埠頭浚渫工事の様子

Dr.MAMORUN

学校・病院(公共建築)

image

学校建築

学校や病院、美術館など多くの人が利用する建物には、地震や火災にあっても利用している皆さんの安全を守る工夫がされています。建物の場合は、快適で安心して利用できることが求められます。それに加えて多くの人が利用する建物は地震に対して特に安全であるように設計し、古い建物に対しては補強をして安全性を確保しています。

学校などは災害時の避難場所になることが多く、災害のときでも安全であるようにつくられています。

  • image

    複合児童施設

  • image

    恐竜博物館

  • image

    赤れんが建築

住宅

image

住宅建築

個人の住宅は、人々が豊かな生活をおくるための場所であり、快適で安心して住めることが大切です。体を自由に動かせない人への配慮やけがをしにくい工夫などに加え、台風や地震でこわれにくい住宅を建てる必要があります。また、建物は改装して使い方を変えることができるため、古くて歴史的に価値のある建物を活用しながら保存することもできます。

幸せな生活をすごすために必要な住宅は、生活の場であり、かけがえのない空間です。

  • image

    住宅建築

Dr.MAMORUN
  • 作る
  • 守る
  • 支える
  • 学ぶ