お問い合わせ

本センター・本ホームページ・技術相談などに関するお問い合わせ

教育研究支援センター 技術長 福井 繁雄(ふくい しげお)

TEL / FAX

0773-62-8998 / 0773-62-8998

E-Mail

住所

〒625-8511
京都府舞鶴市字白屋234番地
舞鶴工業高等専門学校 教育研究支援センター

出前授業・公開講座 シーズ

出前授業

分類テーマ内容
科学・物理一般発電・電気
(エネルギー)
人力、風力、火力、水力、太陽光、静電気
  • 手作りの各種発電装置にて、電気エネルギーを作る大変さ、不思議・驚きを体験してもらう
音の伝搬、音レンズ
  • 音はどうして伝わるのか
  • 音を遠くまで伝えるにはどうしたらいいか
気象風、竜巻、霧
  • 風(竜巻)はどうして発生するのか
  • 霧の発生メカニズム
科学実験水質調査、酸とアルカリ、空気砲、極低温(液体窒素)、圧力
  • 薬品を使った水質調査
  • 日常よく見かけるものを、酸性の物とアルカリ性の物を実験で調べてみる
  • 段ボールを使った空気砲実験
  • 液体窒素を使った極低温の実験
  • 水圧がかかると、何が変わるのか
流れの可視化水面を流れるもの、水中や空気中を流れるものを見る
  • アクリルで作成した水槽で、水を流してその流れを観察する
  • 容器内の空気を温めたり冷やしたりして、空気の流れを観察する
特化したもの電子回路工作ゲルマニウムラジオ、TVゲーム、イルミネーション
  • 電子工作を楽しむ
  • はんだ付け等、ものづくりをする
電波ラジコン、ロボコン
  • 電波が伝えるもの、電波で送れるもの
低融点合金鋳造の基礎
  • 鋳造を体験し、アクセサリーの製作
耐震地震に強い家、弱い家
  • 模型用角材で木枠を造り、強い家にするにはどうしたらいいかを考え、実験する
液状化現象地震時に発生する「液状化現象」を体験
  • 液状化現象とは何か。液状化現象のメカニズムと体験
その他自動車ソーラーカー、エコカー
  • ソーラーカーやエコカーの仕組み
スターリングエンジンスターリングエンジンについて
  • 仕組みや動きの観察
ソーラークッカー太陽光での調理
  • 太陽光を集光して、お湯を沸かしたり、目玉焼きを作ってみる
レゴ
マインドストーム
自立型ロボットの製作
  • ライントレーサロボット
電子レンジで
ガラスアクセサリー
廃ガラス、電子レンジとマイクロウェーブキルンを用いてガラスアクセサリーの製作
  • 廃ガラスを使ったものづくり
ピタゴラスイッチ日用品などを多用したピタゴラスイッチの製作
  • グループ単位で、創造性と奇抜性などを養う
パソコン教室パソコンの仕組み、インターネットの基礎
  • 親子で体験、インターネットの仕組みと潜む危険
ポンポン船ろうそくの火で進むポンポン船の製作
  • 簡単な構造の船を製作、ポンポンとろうそくの炎だけで進むメカニズム
特に小中学校の理科授業などは、分野に関わりなくご相談に応じます。

公開講座

テーマ内容
アクリルスタンド本校の専門学科である、建設システム、機械、電子制御、電気情報の4学科の体験ができます。詳しくはこちら
低融点合金ロウで型を作り、低融合金を流しこんで、オリジナルのアクセサリーを作るものです。詳しくはこちら
ピタゴラスイッチ日用品などを多用したピタゴラスイッチの製作
電子回路工作ゲルマニウムラジオ、TVゲーム、イルミネーションの製作
パソコン教室パソコンを使ったインターネットの基礎

技術相談

機械系

  • 各種加工相談
    • MC3次元加工
    • 溶接など

建設系

  • コンクリート圧縮試験
  • 耐震関連

電気・情報系

  • 電気回路、マイコン開発
  • ネットワーク構築、サーバ管理

受入研修

 大学・共同利用機関・高専の技術職員、または、工業高校の教職員を対象に、 教育研究支援センターとして受入研修を試験的に企画しております。

テーマ内容日程
実験実習新任技術職員向けの安全教育
(当面機械系のみ)
1日〜3日間程度で学生休業中や試験期間中に限ります
以下、注意点です。

  • 受講資格は、上記対象に加え『学ぼうとする意欲のある方』です。
  • 受講料は無料ですが、舞鶴高専までの旅費や宿泊費については、それぞれの機関でご負担願います。
  • 1機関から多くの受講を希望される場合は、出張講義が可能なテーマもあります。この場合は、講師の出張旅費をご負担頂きます。
  • テーマによっては別途教材等が必要となる場合があります。
  • 安全対策には十分配慮いたしますが、万が一の事故対応については、応急(救命)措置までとさせて頂きます。 事故後の対応については、それぞれの機関にて対応願います。
  • 機器の破損については、それぞれの機関での修理、もしくは同等品での弁済にて対応願います。
  • その他、ご不明な点はページトップの【お問い合わせ先】までご連絡ください。