KOSEN型産学共同インフラメンテナンス
人材育成システムの構築

連携

高等専門学校(KOSEN)におけるインフラメンテナンスのリカレント教育を推進する「KOSEN型産学共同インフラメンテナンス人材育成システムの構築」を行うにあたり、産学と地域の連携による共同教育の場を創出するとともに、リカレント教育事業の継続性を確保するための取組を行うことを目的に「REIM産学連携コンソーシアム」を設立しました。コンソーシアムは、高等専門学校、大学、企業、協議会等で構成され、現在12機関が参画しています。コンソーシアムには、合同会議(議長:舞鶴工業高等専門学校 校長 内海康雄)と次の3つの部会を設置し、目標達成に向けて活動してまいります。

  1. (1)リカレント教育プログラム開発部会
  2. (2)実務家教員育成研修プログラム開発部会
  3. (3)人材育成・活用システム設計部会

REIM産学連携コンソーシアム活動報告

■合同会議

開催状況
第1回 令和元年
12月16日
議事要旨
(PDF/438KB)

■部会

●リカレント教育プログラム開発部会

開催状況

●実務家教員育成研修プログラム開発部会

開催状況

●人材育成・活用システム設計部会

開催状況