iMec-社会基盤メンテナンス教育センター-

iMecについて

ごあいさつ

舞鶴工業高等専門学校
建設システム工学科 教授
社会基盤メンテナンス教育センター
センター長 玉田 和也

独立行政法人国立高等専門学校機構舞鶴工業高等専門学校では、社会基盤(インフラ)の高齢化・老朽化が急速に進行する中、地方公共団体、特に市町村が管理する橋梁等に対するメンテナンス技術力の不足が深刻なことを受け、インフラの維持管理・修繕等に対応できる人材育成を行う機関として、平成26年1月23日に社会基盤メンテナンス教育センターを開設しました。

当センターは、現場に密着した教育センターとして、メンテナンス技術に特化した実践力ある人材を育成することをモットーとしています。当センターが実施する講習会では、全国の建設系の高専生、地方自治体職員、民間土木技術者等を幅広く受け入れ、座学だけでなく、損傷調査・非破壊検査の実習や、劣化橋梁部材の実物を用いた体験型学習を組み合わせた実践的な教育を実施しています。また、メンテナンス工学に関する調査・研究、地方公共団体等への技術支援、産学官連携のコーディネート等にも取り組み、予防保全の中核的施設として地域社会に貢献することを目指しています。

安全・安心な暮らしを支える持続可能な社会の構築には、インフラの適切な維持管理が欠かせません。
平成27年度から、文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業等において、アクティブ・ラーニングを基軸としたインフラメンテナンス技術者育成カリキュラムの開発に取組んでいます。

平成28年度から、eラーニングを導入した新たな教育プログラムによる実証講座を開講する他、橋梁メンテナンスに関する技術資格認定を開始しています。建設技術者のメンテナンス技術力向上のため、行政機関、民間企業、教育機関等において、当センターを活用いただければ幸甚です。
今後とも、当センターの活動及びビジョンにご理解とご賛同をいただき、格別のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

» 社会基盤メンテナンス教育センターパンフレット(PDF/3.2MB)

社会基盤が老朽化して安全な暮らしが危機に

安全・安心な暮らしには、橋梁やトンネル、高速道路等の社会基盤(インフラ)の適正な維持管理が不可欠です。インフラの老朽化が全国的に問題となる中、市町村は技術力不足のため適切な維持管理が困難な状況にあります。『建設』から『維持管理』へ思考を転換し、インフラの維持管理や修繕等に対応できる人材の育成が急務です。

社会基盤の維持管理に関する実践的教育施設

社会基盤メンテナンス教育センター(iMec)は、インフラの維持管理に関する実践的な教育システムを構築するため、平成26年1月23日に舞鶴工業高等専門学校内に開設されました。全国の高専生や地方自治体職員、民間技術者などを幅広く受け入れ、現場に密着した教育センターとして、維持管理技術に特化した人材育成を行います。


座学と体験型実習による効果的な教育を実施

iMecが実施する講習会では、インフラの劣化発見や点検技術向上のため、座学に加え、非破壊検査の実習や全国各地から収集した橋梁の劣化部材の見学等の体験型学習を行っています。また、橋の長寿命化修繕計画の策定や修繕工事の実施に必要なノウハウ、行政の課題解決の取組みについて、実際の事例から学ぶことができます。

予防保全の中核的施設として地域社会に貢献

メンテナンス工学の構築に取組み、予防保全のループ(調査点検→診断評価→劣化予測→補修補強→記録保存→調査点検)を繋ぐために必要なノウハウを提供します。メンテナンス業務の品質確保のための資格認定、地方公共団体への技術支援、産学官連携のコーディネート等に取組み、予防保全の中核的施設として地域社会に貢献します。

iMecの体制

iMecは、京都府及び府内市町村、国土交通省近畿地方整備局、(独)土木研究所構造物メンテナンス研究センター(CAESAR)、施工技術総合研究所、NEXCO西日本等道路管理会社、各業界団体や全国の高専・大学等と連携し、インフラの維持管理・修繕ノウハウの確立に向け、より実践的な教育センターの構築を目指しています。

iMecの体制

iMec360度パノラマビュー

①から⑯をクリックすると、iMec周辺の様子や敷地内に展示してある実物劣化モデルを360度パノラマビューで見ることができます。
⑥から⑧の間はストリートビューで移動することができます。

iMecコレクション

iMecには、全国で更新に伴い撤去された橋梁の部材を実物劣化モデルとして、実習フィールド(約500㎡)に収蔵・公開しています。

中国自動車道西下野高架橋のRC床版

(1975年建造,NEXCO西日本提供)

  • 3径間連続非合成鈑桁橋のRC床版
  • 内在塩分および散布融雪剤による塩害の損傷,主鉄筋の断面欠損,上面増厚工法(SFRC),増厚部の剥離

神戸橋の橋脚張出部

(1964年建造,CAESAR提供)

  • RC橋脚張出部のアルカリ骨材反応
  • アルカリ骨材反応が発生したコンクリート躯体,亀甲状の外面ひび割れ,内部ひび割れ

能生大橋の桁行部

(1966年建造,CAESAR提供)

  • PC桁橋の桁行部
  • PC鋼棒+シース管+グラウトの観察,コンクリート表面保護,端横桁,床版横締鋼棒,地覆+排水装置

大雲橋歩道橋

(1978年建造,京都府提供)

  • 合成桁の構造
  • 鋼Ⅰ桁の部材名称
  • 塗装の劣化(チョーキング),連結部の発錆状況,疲労クラック発生部位の確認

二十六木橋桁端部パネル(リベット造)

(1928年建造,CAESAR提供)

  • 鋼鈑桁橋の桁端部
  • 少数主桁+横桁+縦桁構造,桁端支点部の錆による腹板貫通孔減厚,リベット構造による断面構成

落ヶ池橋の支承

(1973年建造,兵庫県道路公社提供)

  • 鋼単純合成箱桁橋の支承
  • 支承の構造,地震時弱点部の観察,ピボットプレート,サイドストッパー,防塵プレートの損傷

原田橋(吊橋)のサドル部・ケーブル定着部

(浜松市提供)

森巣橋の主桁・ゲルバー部

(大阪市提供)

  • 1931年建造の3径間ゲルバー式鋼鈑桁橋
  • 同年代の鉄道橋で使用されていたヒンジ構造で、リベット造による断面変化の構造

耐候性鋼材主桁

(岐阜大学提供)

鉄道橋

(えちぜん鉄道提供)

トラス格点部

(CAESAR提供)

  • 1931年建造の3径間鋼単純曲弦ワーレントラス橋の格点部(リベット造)
  • リベット構造による部材断面構成,塗装塗替え時の狭隘部・ケレン不可能部分,塗装劣化状態

鳥飼大橋の支承

(大阪府提供)

  • 1954年建造の9径間ゲルバー式トラス橋のピン支承とピンローラー支承
  • ピン支承の構造
  • ピンローラー支承の構造,ロッキング機構,橋軸直角方向や上揚力に対する機構

勝瀬橋塔頂部サドル

(CAESAR提供)

  • 1959年建造の日本初の斜張橋である勝瀬橋の塔頂部のサドル
  • 斜張橋ケーブルが塔頂を貫通していた時代の部品
  • 2段ケーブル,ケーブルはより線

スタッフ紹介

iMecは、現在、教授1名、特命助教1名、技術スタッフ3名、事務スタッフ2名で運営しています。

スタッフ

Dr.MAMORUN

iMecキャラクター
Dr.MAMORUN

玉田和也(たまだ かずや)

  • 舞鶴工業高等専門学校 建設システム工学科 教授
  • 博士(工学)
《学歴・職歴》
明石工業高等専門学校 土木工学科卒業
長岡技術科学大学・大学院 建設工学課程修了
駒井鉄工株式会社

嶋田知子(しまだ ともこ)

  • 舞鶴工業高等専門学校 社会基盤メンテナンス教育センター 特命助教
  • 一級建築士
《学歴・職歴》
関西大学 工学部建築学科卒業
東京工業大学大学院 総合理工学研究科環境理工学創造専攻修了
国土交通省

河岸明(かわぎし あきら)

  • 舞鶴工業高等専門学校 社会基盤メンテナンス教育センター 技術スタッフ
  • 一級土木施工管理技士
《学歴・職歴》
舞鶴工業高等専門学校 土木工学科卒業
舞鶴市役所

加登朋恵(かと ともえ)

  • 舞鶴工業高等専門学校 社会基盤メンテナンス教育センター 技術スタッフ
  • 宅地建物取引士
《学歴・職歴》
山口大学大学院 理工学研究科修了
(財)地域地盤環境研究所

田谷友美(たや ともみ)

  • 舞鶴工業高等専門学校 社会基盤メンテナンス教育センター 技術スタッフ
《学歴・職歴》
府立工業高等学校 情報システム科卒業
株式会社エナミ精機
  • 舞鶴工業高等専門学校 社会基盤メンテナンス教育センター 事務スタッフ

重村清美(しげむら きよみ)

前川潤美(まえかわ ますみ)

access

学校案内図

校内配置図

《所在地》
〒625-8511 京都府舞鶴市字白屋234
独立行政法人 国立高等専門学校機構
舞鶴工業高等専門学校内
《アクセス》
車で/ 舞鶴若狭道舞鶴東ICから10分
バスで/ JR東舞鶴駅から京都交通バス「朝来循環線」に乗車、「高専前」で下車
鉄道で/ JR小浜線「松尾寺駅」で下車、徒歩25分
《お問い合わせ》
舞鶴工業高等専門学校内
社会基盤メンテナンス教育センター
Tel.:0773-62-8877(直通)
E-mail: imec@maizuru-ct.ac.jp