iMec-社会基盤メンテナンス教育センター-

活動日記

iMecの行事や講習会、日々の活動について紹介します

2017 4

2017.4.28.Fri.第1回「インフラメンテナンス大賞」優秀賞を受賞しました

国土交通省(他5省)主催の第1回「インフラメンテナンス大賞」で、舞鶴高専社会基盤メンテナンス教育センターの「地元のインフラを地元で守り次世代へと継承する建設技術者育成活動」が「メンテナンスを支える活動部門」で国土交通省優秀賞を受賞しました。記念すべき第1回のインフラメンテナンス大賞を受賞できたことは大変光栄であり、またiMecの活動を支えて下さる各関係機関、各関係者の方々あっての受賞であること、大変感謝しております。今後も地域固有のニーズに応えるインフラメンテナンス技術者の人材育成にますます尽力していきます。

2017.4.22.Sat.e + iMec講習会【基礎編(橋梁点検)】(民間_H29Vol.1)を開催しました

4月22日(土)と4月23日(日)の二日間にわたり、道路構造物の調査・設計・施工を実施する民間企業等に所属する技術者を対象に、e+iMec(社会基盤メンテナンス教育センター)講習会【基礎編(橋梁点検)】を開催しました。今年度初の講習会は、大日コンサルタント(株)、扇コンサルタンツ(株)、(株)グラン・ソラリスから計8名が受講しました。講習会では、全国各地から収集した橋梁の劣化部材を用いた体験型学修に加え、維持管理計画の立案演習、舞鶴市内橋梁での現場実習、非破壊検査の実習を行いました。受講者からは、実物の劣化損傷部材を見る事が出来参考になった、橋梁を近接で見学出来良かった等、高い評価をいただきました。また、eラーニングを受講することで基礎的な知識を事前に学修し講習会に臨めた、広範囲な分野が凝縮されており良かったとの評価を頂きました。

ページトップへ