Opinion 2016






今年も残りわずか!

昨日は仕事納めでいよいよ今年も残りわずかとなった.
今年もイギリスのEU離脱,オバマ大統領の広島訪問,アメリカ次期大統領にトランプ氏,三浦弘行九段の出場停止,東京の11月降雪,糸魚川の大火,安倍首相のハワイ真珠湾訪問等,今後の世界に影響がおよぶであろう,いろいろな出来事があった.
毎年「来年こそはよい年でありますように!」と判で押したように語られるのが師走.昨日は京都にも雪が降り,観光客には見事な金閣寺が拝めたようだ.

それはともかく皆様よいお年を!!
【29 December 2016】



竜王戦挑戦者が三浦弘行九段から丸山忠久九段に変更!

10月12日に竜王戦の挑戦者が三浦弘行九段から丸山忠久九段に変更となることが日本将棋連盟から発表された.三浦弘行九段の対局中の「カンニング」に対する出場停止処分によるもののようだが,連盟のホームページには詳細について言及されておらず,何とも歯切れが悪い.
当方が以前から危惧していたことが不幸にも現実となった.考えたくもないが,氷山の一角がいよいよ表に出たのではないか.今朝(13日)の新聞によれば,三浦九段は否定しており,弁護士を立てて争うようだが真実は一つだ.「通信機器の助けを借りて対局する!!」,将棋ファンを裏切る行為には興ざめだ.
【13 October 2016】



夏,京都,祇園祭後祭

祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭

殿の『大舩鉾』が御池通を行く.
【1 August 2016】



夏,京都,祇園祭後祭

祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭

殿(しんがり)の『大舩鉾』が御池通を行く.
【31 July 2016】



夏,京都,祇園祭後祭

祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭

『大舩鉾』が新町通を行く.
【30 July 2016】



祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭

『大舩鉾』が車輪を軋ませながら動き出す.この臨場感は現場ならでは!
【29 July 2016】



夏,京都,祇園祭後祭

祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭

動く美術館『大舩鉾』の前で記念撮影が始まった.
【28 July 2016】



夏,京都,祇園祭後祭

祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭

動く美術館『大舩鉾』の前で記念撮影が始まった.
【27 July 2016】



夏,京都,祇園祭後祭

祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭祇園祭後祭 祇園祭後祭

祇園祭後祭は今年も好天に恵まれた.四条新町下るには,巡行の殿(しんがり)を勤める『大舩鉾』が復元新調された龍頭を船首につけて出番を待つ.
【26 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

四条烏丸東入るには前祭巡行の先頭を行く『長刀鉾』が鎮座する.
【25 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

山第拾番の『霰天神山』(新町錦小路東入る)が佇む.
【24 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

『伯牙山』(西洞院綾小路東入る)と『綾傘鉾』(新町綾小路東入る)が佇む.
【23 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

太子山の近くには,『油天神山』(油小路仏光寺上る)と『芦刈山』(油小路綾小路東入る)が佇む.
【22 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

山鉾町の南西(油小路仏光寺下る)に『太子山』が佇む.聖徳太子ゆかりの山である.このあたりで静かに宵山の風情を味わいたい.
【21 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

舩鉾からさらに下ると『岩戸山』(新町仏光寺下る)が鎮座する.立派な山である.ここまで来ると人は少ない.
【20 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

四条新町を下り,大舩鉾保存会の前を過ぎてしばらく行くと個性豊かな『舩鉾』(新町綾小路下る)が鎮座する.この鉾は巡行では抜群の存在感を発揮する.
【19 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

前祭巡行,今年の山第壱番は『山伏山』(室町錦小路上る).
【18 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

『月鉾』(四条室町西入る)は豪華絢爛,最も重い鉾でもある.本日は前祭の山鉾巡行を迎えた.
【17 July 2016】



夏,京都,祇園祭前祭

祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭祇園祭前祭 祇園祭前祭

祇園祭が前祭と後祭に分かれて3年目の夏.地下鉄四条駅から地上へ出て最初に目にする鉾は四条烏丸西に鎮座する『函谷鉾』である.
【16 July 2016】



永六輔氏が死去

永六輔氏が7月7日に渋谷区の自宅で亡くなった.享年83歳.

昭和の巨星落つ!

絶大な存在感,軽妙な語り口で「ラジオ」を重視した姿勢が重い.

七夕に星になるとは,いかにも永氏らしい.
【13 July 2016】



明日は参議院議員通常選挙投票日

明日の選挙結果で日本の将来が決まってしまうと言っても過言ではない.低投票率が予想されているようだが,これでは望まないことを押しつけられる可能性が高い「白紙委任」をすることになってしまう.近い将来の日本を担う学生にもぜひ投票して意思表示をしてほしい.

誰でも増税はいやだが,「国民に信を問う!」を軽々しく使うべきではない.熟慮して決められたことが首相の一言で簡単に反故にされてしまうような政治がよいのか.
「憲法改正」が眼目であることは間違いないが,「あのとき私も選挙に行こうと思っていたんですけどね.決まってしまったことは仕方がないじゃないですかーっ.」だけは避けたい.

明日の投票後,「憲法9条とは?の検索が急増!」とならないことを祈る.国民投票でEU離脱なるお国の将来が決められた国がオランダの対岸にあるようだが・・・・・.この影響が日本を直撃し,円高が急激に進行したのもつい最近のことである(政治の力がまったくおよばないことが表面に出た).ここだけを切り取った場合でも,経済政策を見せかけの看板とし,経済成長をうたったア○ノミクスが砂上の楼閣であることがわかるのだ.

1年前の安保法案「強行採決」を忘れてはならない.繰り返すが,争点は「憲法改正」だ.
【9 July 2016】



α-STATIONが開局25周年!

α-STATIONが開局25周年を迎えた.開局当初の北山から四条烏丸へ移ってときが流れた.京都の空気感が舞鶴へも伝わる民放FM局として,感慨深い.同時にHPも刷新された!
ところで,熊本大地震,佐藤天彦新名人の誕生等,さまざまな出来事があった上半期であったが,今年も祇園祭の7月を迎えた.
【1 July 2016】



米大統領が広島を初訪問!

オバマ米大統領が伊勢志摩サミット翌日の5月27日,米国の現職大統領として初めて,第二次大戦末期に原子爆弾が投下された広島市の平和記念公園を訪れた.水面下でさまざまな調整があったものと思われるが,歴史的な出来事であることは間違いない.
【28 May 2016】



高浜原発3号機が再稼働!

関西電力高浜原子力発電所から10km以内でこの文章を書いている.

昨日,高浜原発3号機が再稼働された.福井県境の青葉山の裏側での再稼働であっても空気感はまったく伝わらない.今朝のNHKニュースでは,上空からの映像が繰り返し流されていたが,テロを警戒してか舞鶴西港から派遣された海上保安庁の巡視船が写し出されていた.先ほど午前6時に「臨界」に達し,2月中には営業運転に入るとのこと.福島原発事故により,「フクシマ」以前よりは安全になったと思いたいが,原発が常に危険と隣り合わせであることが白日の下に晒されただけであるという冷めた見方も成り立つ.
今のうちに美味しいものをたっぷり味わっておきたい.しばらくすると県境を超えて福井県高浜町へ入るのだが,いつもののどかな田園風景が広がっているだけであろう.今朝も原発へ向かう車がいつものとおり国道27号線を走っていた.

高浜原発再稼働により,琴奨菊の初優勝も甘利経済再生担当相の辞任も霞んでしまったようだ.
【30 January 2016】



阪神淡路大震災から21年が経過!

月日は流れて21年目の1月17日を迎えた.ここで改めて「災害は忘れた頃にやって来る!」を再認識したい.
【17 January 2016】



新春,京都,伏見稲荷大社

伏見稲荷大社伏見稲荷大社
伏見稲荷大社伏見稲荷大社
伏見稲荷大社

初詣の伏見稲荷大社.昨年とは打って変わって穏やかな正月となった.
早朝の稲荷山への参道にはまだ人は少なかったが,山頂の一の峰は汗ばむほどに暖かかった.
【6 January 2016】



Prosit Neujahr !

元日恒例のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートは,マリス・ヤンソンスが指揮した(3回目).
『音楽の都』ウィーンからの衛星中継による名曲の数々は,新年に相応しい.
【5 January 2016】





バックナンバー

Vol. 17

Vol. 16

Vol. 15

Vol. 14

Vol. 13

Vol. 12

Vol. 11

Vol. 10

Vol. 9

Vol. 8

Vol. 7

Vol. 6

Vol. 5

Vol. 4

Vol. 3

Vol. 2

Vol. 1






注:敬称は略している場合があります.また,内容に関して一切責任は負いかねます.


禁無断転載 Copyright (c) , 2016
M. NOMA
All Rights Reserved.