学科・専攻科

Department

HOME学科・専攻科機械工学科

機械工学科

Mechanical Engineering

機械工学科

工業の基礎を支える技術と知識と総合的な応用力を養います。

学習内容

様々な機器・機械がなぜ動くのか、そのしくみを研究し、理論を学び、製作をします。これらに必要な機械工学の基礎知識とともに、最新のコンピュータ支援技術や機械制御技術を学び、理論と現象を正確に理解しながら、事態を的確に判断し、実行に移せる行動力を持った技術者の育成を目指します。

機械工学科

  1. 機械工学分野の基礎工学である材料、流体、熱、振動などの力学について、これらの知識を体系的に修得させる科目を開設します。
  2. 機械工学分野の統合化の基盤となる設計、加工、制御、計測、電気工学など、生産技術に関わる知識を修得させる科目を開設します。
  3. 機械技術者として必要な技術的スキル、主体的・能動的な実践力およびチームとしての協調性を育むため、実験・実習・演習科目を効果的に配置します。またそれらの科目、卒業研究などを通じて、問題発見・分析・解決能力また成果の発表・報告能力などを総合的に養います。
  4. 機械工学の専門知識を統合して、技術に関わるデザイン能力や創造能力を育むため、ものつくり演習、創造設計製作および卒業研究などの科目を開設します。
  5. コンピュータを技術の実践に活用する能力を養うため、プログラミングの基礎、数値計算、メカトロニクスなどについて、これらを学習する科目を開設します。

カリキュラム

機械工学科カリキュラム

職業像

あらゆる製品や生産設備の開発・設計の分野で活躍できるエンジニア

期待される学生像

機械工学科では、理論と現象を正確に理解し、いろいろな事態に的確に判断でき、それを実行できる行動力を持った技術者の育成を目指しています。機械工学は、あらゆる「ものつくり」の基礎をなす学問であるからです。本学科では、次のような人の入学を期待しています。

  • 「ものつくり」が好きな人、関心がある人
  • 「自動車」「ロボット」や動くものが好きな人、関心がある人
  • 将来、機械の開発、設計、製造、保守等の分野で世の中の役に立ちたい人
PAGETOP